top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(9) リアル都市の価値づくり

更新日:2021年7月26日

Ⅰ 都市の経済価値のシフト /Ⅱ 【多様かつ濃密な情報交流の舞台】 /Ⅲ 「遊・文化」プラットフォーム


1 都市の経済価値のシフト

コロナ禍で新しい生活様式が模索される中、「リアル都市の役割」について小泉秀樹先生(東京大学まちづくり研究室教授)にお話を伺いました。都市の構造は単純化すると「Place:人が集い活動する場」と「Link:移動の場」からなり「都市計画とはこの要素をどう組み合わせるのか」だと考えられるそうです。

近代都市計画が生まれた当初は、生産拠点の集まる都心の不衛生なPlaceと人々の生活拠点のPlaceとを、如何に隔離しながら Link させるかという公衆衛生的視点が主なテーマだったそうです。それが衛生技術の進展に伴い反転し「都心居住」という考え方が主流になりました。日本でも1990年以降に顕在化し、タワーマンションに代表される「経済合理性中心」の都市計画は、比較的新しい潮流だということになります。

今回のコロナ禍で現代の衛生技術が決して完全ではないことが共有され、都市計画を考える際には将来的にも同等の感染症対策を想定すべきだとも指摘されました。

ワークショップを含むホワイトカラーの仕事の殆どがオンラインで可能な事を体験し、これまでの都市づくりの原理とされてきた「移動・交流/集客・集積/一斉・一律」など、「量の経済性」を基点とする価値観がシフトしたのです。経済合理性中心だけではない「リアル都市の役割」を見極める必要があるという事でした。


・以下の Ⅱ 【多様かつ濃密な情報交流の舞台】 /Ⅲ 「遊・文化」プラットフォームについてはnoteにて購入していただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page