検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(23) 屋外空間マネジメント

Ⅰ屋外空間活用リテラシー / Ⅱ 屋外空間のマネジメント /Ⅲ 次世代の屋外空間づくり


Ⅰ 屋外空間活用リテラシー

パークマネジメントという言葉をよく聞くようになりました。成功例とされる「南池袋公園」は、改修前は鬱蒼と木が茂りゴミの不法投棄が絶えない、暗く危険な公園でした。それが芝生広場を中心に魅力的なカフェが隣接する明るい公園に一変したのです。この公園の影響で周辺地域はもちろん、池袋全体のイメージが向上した感さえありますが、整備手法以上にこの公園活性化の決め手になっているのが、住民有志の団体によるフレンドリーかつお洒落な運営なのです。

コロナ禍で密状態が敬遠され、外部空間活用への関心の高まり、公共空間の有効利用に向け、公園・水辺などの民間運営が促進される潮流が顕著になっています。MaaS &自動運転を睨み駅前広場を含む道路活用も検討され始めました。

「官」と「民」という意識が強い反面、「公・共」の概念が曖昧な日本では、「民地(=所有地内)をどう使うかは自分の勝手」&「道路・公園などは【お上】の土地」という認識で、屋外空間に関して極端に無関心・無責任になってしまいます。屋外空間の活用にあたって、誰の許可を得れば良いかが不明確なため、一部の批判者の声を恐れて、お互いに遠慮し合っている状況です。良い事・楽しい事と分かっていても、屋外空間には敢えて踏みこまないのが良策とされて来ました。

先日ロシアのサンクトペテルブルグで「愛している」や「結婚してほしい」などのメッセージを、相手の住むマンション前の路上に描き、バルコニーから見下ろす相手に伝える事が通例になっていることを知り、羨ましいと思いました。日本であればおそらく自分の店の前の街路樹の根元に花を植え、世話をする事さえ躊躇するのではないでしょうか。

自分が我慢している事を、我慢せず行動する人間に対して非常に不寛容な社会になっています。そんな「もやもやルール」に縛られてつまらなくなっている最たるものが、公共の屋外空間です。西新宿エリアだけでも東京ドーム10個分の面積に相当します。誰のモノでも無く、誰も使わない空間が多く、非常にもったいない限りです。


※以下の【Ⅱ 屋外空間のマネジメント /Ⅲ 次世代の屋外空間づくり】についてはnoteにて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

次世代の都市評価指標⑧ 街づくりの貢献価値

新しい都市評価指標が目指す効果として①生産性向上による事業者メリット②口コミ発信による商業者メリットがある事は前述しましたが、さらに③ソーシャルキャピタルの向上による社会メリットが想定されます。 具体例として下記の6点が挙げられます。 契約や交渉などにおいて無駄な認識共有や対立が回避され、時間・手間コストが削減できる。 相互に協力的なコミュニティが育まれ、公共サービスなど公共活動の効率化と公共空間

次世代の都市評価指標⑦ 多様・変化・交流要素の重視

「世界の都市総合力ランキング」は成長・規模志向が強く成熟社会である日本の肌感に合いません。 Well Being City調査は安全・快適・環境を重視していますが、それだけでは街として「つまらない」と感じるのは私だけでは無いはずです。脳科学的には「生きる目的は高きに向かって進んでいく努力のプロセス=成長にある」(理化学研究所 故 松本元氏)と言われ、インプットやコミュニケーションの質が大きく影

次世代の都市評価指標⑥ ソフト・ハード指標の考え方

次世代の都市評価指標において、幸せ実感を継続・拡張する要素となる「活動・ソフト」と「機能・ハード」については、既存の都市評価指標を参考に設定することが有効と考えます。 最も有名な「世界の都市の総合力ランキング」ですが、「都市の総合力」を経済/研究・開発/文化・交流/居住 /環境/交通・アクセスの大項目6分野で評価しています。「文化・交流」分野における中項目では発信力/観光資源/文化施設/受入環境/