検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(24) 賑わいデザイン

更新日:2021年8月9日

Ⅰオープンスペースニーズの高まりと現実 /Ⅱ 賑わいデザインの考え方 /Ⅲ 賑わいデザインの効用


Ⅰ オープンスペース・ニーズの高まりと現状

コロナ禍での「三密」回避が提唱され、にわかにオープンスペースの活用ニーズが高まりました。2020年の緊急事態宣言に対応する形で「まちなかテラス」が各地で出現しました。国交省の通達によるもので、歩道の有効幅員を確保した上で、店舗の店先活用を認めたのです。迅速かつ画期的な政策で、苦境の飲食業界にとって非常に有益な施策となりました。そのほかにもBBQ やキャンプ、ゴルフなど屋外でのアクティビティに人気が集まっています。飲食店でもテラス席が人気で、コロナ禍が収まった後もしばらくは、横丁の居酒屋の店内に入って行くのには抵抗感が残るのではないでしょうか。

オープンスペースで楽しみたいというニーズは高まったのですが、これに対応する空間がリッチか?というと、疑問が残ります。まず歩道が狭く、すぐ横を自動車が走り回っています。大前提としての安全・安心が確保できていません。欧州で広がりを見せるような「中心部の30km/h速度規制」が必要です。時速30キロでの事故死亡率が10%なのに対して、50キロになると一気に50%に跳ね上がります。次に自治体と警察との二重管理になっているため、道路などの屋外スペースの活用制度が確立されていません。パリに代表される欧米のように、活用条件と使用料が明確にならないと活用が促せないと考えます。

これからの日本では、人口減少や少子高齢化を踏まえて「街なかに人がいない」状況が常態化すると考えます。商業施設をつくれば賑わいができると考えるのは早計で、閑古鳥の鳴く淋しい商業施設が増えているのを実感します。「賑わい」は自然に出来るものではなく、できる限り人を滞留させる、或いは人が少なくても寂しくないデザインを、丁寧に施していくものだと認識すべきです。


※以下の【/Ⅱ 賑わいデザインの考え方 /Ⅲ 賑わいデザインの効用】につきましてはnoteを購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ