検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(25) 広場の作り方

Ⅰ今こそ広場づくり /Ⅱ 広場づくりの作法 /Ⅲ 広場の効用


Ⅰ 今こそ広場づくり

コロナ禍はリアル都市の価値を問い直しています。仕事するだけ、ものを買うだけなら、ネットで十分事足りることが証明されてしまいました。「多様で濃密なコミュニケーションの場」としてのみ、オンラインではなくリアルに体験する都市の価値があるのです。その意味において屋外で不特定多数の人たちが集い交流する場所(=広場)が重要になってきます。多摩大学の学長であった野田一夫氏が「これからは異文化を交流させる場が重要になってくる。異文化と言っても外国人とは限らない。同じ日本人であっても60歳以上と30〜50代と20歳代以下では全く価値観が異なる。親と子、上司と部下、先生と生徒が異文化という事になる。米国には元々異文化を交流させる社会的仕組みがあるが、日本には無い。家におけるリビング、会社や学校におけるサロン、都市では広場がその役割を担う必要がある。」と言われた事を思い出します。駅前の「交通ロータリー」や高層ビル前に「空地」はありますが、人が集い交流できる「広場」の設えにはなっていません。今こそ広場が必要なのです。

東京・亀戸に「サンストリート」が開業したのは1997年です。15年間の期間限定事業で中央に1000㎡の広場を備えた、界隈型商業施設としてプロジェクト・マネジメントしました。この広場では毎日イベントが開催され、年間1000万人を集客し賑わいました。その後同様の施設を海老名、名古屋、横浜で企画開発した経験をもとに、広場の作り方を検討したいと思います。


※以下の【/Ⅱ 広場づくりの作法 /Ⅲ 広場の効用】についてはnoteにて購入いただけますと幸いです。


最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内