検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(27) 駅3.0 みんなの駅へ

Ⅰ「毎日立ち寄る駅」から「わざわざ行く駅」へ /Ⅱ ライフアーティスト・ミュージアム /Ⅲ 多極連携ミュージアムへ


Ⅰ 「毎日立ち寄る駅」から「わざわざ行く駅」へ

人口減少、少子高齢化が顕著になり、地方はもちろん首都圏でも都心のターミナル駅を別にすれば、都心から50キロ圏の郊外部を中心に、少しずつ乗降客が減少してきていました。2030年には定期券客が3割減少するとも想定されていました。2020年にその「想定した未来」が一挙に押し寄せてきたのです。コロナ禍に伴う緊急事態宣言はリモートワークを定着させ、毎日の通勤に伴う移動の無駄と不快感を再認識させたのです。このシフトは不可逆的で、都心への出勤は週に2〜3日に止め、残りは在宅ワークというハイブリッド勤務が現実的になるのではないでしょうか。

これまでの駅は通勤・通学の途中で必然的に「毎日立ち寄る場所」でした。ですからよく言われるように、駅ビルでは一般的な商業施設に比べ、「集客」にスペース・コストを割く必要がなかったのです。

その駅が「わざわざ行く場所」になってしまいました。敷地が手狭な上に、鉄道関連施設や鉄道客動線を確保するため、ゆとりのない駅ビルで「集客」する工夫が求められるようになっています。しかも従来のキャンペーンやイベントでは、もはや集客できない市場環境です。

「駅1.0」は鉄道客対応の駅でした。「駅2.0」は鉄道&買い物客対応の駅でした。今後はその先の「駅3.0」化が求められているのです


※以下の【Ⅱ ライフアーティスト・ミュージアム /Ⅲ 多極連携ミュージアムへ】につきましてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内