検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(27) 駅3.0 みんなの駅へ

Ⅰ「毎日立ち寄る駅」から「わざわざ行く駅」へ /Ⅱ ライフアーティスト・ミュージアム /Ⅲ 多極連携ミュージアムへ


Ⅰ 「毎日立ち寄る駅」から「わざわざ行く駅」へ

人口減少、少子高齢化が顕著になり、地方はもちろん首都圏でも都心のターミナル駅を別にすれば、都心から50キロ圏の郊外部を中心に、少しずつ乗降客が減少してきていました。2030年には定期券客が3割減少するとも想定されていました。2020年にその「想定した未来」が一挙に押し寄せてきたのです。コロナ禍に伴う緊急事態宣言はリモートワークを定着させ、毎日の通勤に伴う移動の無駄と不快感を再認識させたのです。このシフトは不可逆的で、都心への出勤は週に2〜3日に止め、残りは在宅ワークというハイブリッド勤務が現実的になるのではないでしょうか。

これまでの駅は通勤・通学の途中で必然的に「毎日立ち寄る場所」でした。ですからよく言われるように、駅ビルでは一般的な商業施設に比べ、「集客」にスペース・コストを割く必要がなかったのです。

その駅が「わざわざ行く場所」になってしまいました。敷地が手狭な上に、鉄道関連施設や鉄道客動線を確保するため、ゆとりのない駅ビルで「集客」する工夫が求められるようになっています。しかも従来のキャンペーンやイベントでは、もはや集客できない市場環境です。

「駅1.0」は鉄道客対応の駅でした。「駅2.0」は鉄道&買い物客対応の駅でした。今後はその先の「駅3.0」化が求められているのです


※以下の【Ⅱ ライフアーティスト・ミュージアム /Ⅲ 多極連携ミュージアムへ】につきましてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

次世代の都市評価指標⑧ 街づくりの貢献価値

新しい都市評価指標が目指す効果として①生産性向上による事業者メリット②口コミ発信による商業者メリットがある事は前述しましたが、さらに③ソーシャルキャピタルの向上による社会メリットが想定されます。 具体例として下記の6点が挙げられます。 契約や交渉などにおいて無駄な認識共有や対立が回避され、時間・手間コストが削減できる。 相互に協力的なコミュニティが育まれ、公共サービスなど公共活動の効率化と公共空間

次世代の都市評価指標⑦ 多様・変化・交流要素の重視

「世界の都市総合力ランキング」は成長・規模志向が強く成熟社会である日本の肌感に合いません。 Well Being City調査は安全・快適・環境を重視していますが、それだけでは街として「つまらない」と感じるのは私だけでは無いはずです。脳科学的には「生きる目的は高きに向かって進んでいく努力のプロセス=成長にある」(理化学研究所 故 松本元氏)と言われ、インプットやコミュニケーションの質が大きく影

次世代の都市評価指標⑥ ソフト・ハード指標の考え方

次世代の都市評価指標において、幸せ実感を継続・拡張する要素となる「活動・ソフト」と「機能・ハード」については、既存の都市評価指標を参考に設定することが有効と考えます。 最も有名な「世界の都市の総合力ランキング」ですが、「都市の総合力」を経済/研究・開発/文化・交流/居住 /環境/交通・アクセスの大項目6分野で評価しています。「文化・交流」分野における中項目では発信力/観光資源/文化施設/受入環境/