検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(30) 横丁の継承②

Ⅳ 横丁の計画作法 / Ⅴ具体的方策 /Ⅵ 次世代横丁


Ⅳ 横丁の計画作法

前節までの工夫により継承される横丁の計画する上で、留意すべき作法とはどんなものなのでしょうか? 単に昭和レトロのデザインでないとするなら「どうすれば横丁になるのか?」私たちはハード、ソフト各々4点を抽出しました。

[ハード面の作法]

① まず「ワザワザ行くのではない動線立地」を挙げました。 横丁のお店は目的意識がなくてもちょっと立ち寄れるという意味で、空中階や地下ではなくグランドフロアにあるべきです。駅の脇などの立地で行き止まりではなく、通り抜け動線になっていることが重要です。

② 次に「個人店のスケール感」があります。 横丁のお店の魅力は店主を始めとした、濃密なコミュニケーションに有るわけですから、お店の規模は基本的には店主の目が届くカウンター形式で、個人オペレーションが可能な広さで有る必要があります。

③ 次に「街路との一体感」があります。 できれば「開け放ち形式」が理想的ですが、店内の様子がわかるオープンな店構えが必要です。その意味で引き戸形式が多い気がしますし、店前の立ち飲みスタンドなども有効だと思います。

④ 最後に「集積性」です。 その横丁に行けばとりあえずどこかに入れる何とかなるという安心感と、2~3軒の飲み歩きが楽しめる店数が必要です。向こう三軒両隣という言葉がありますが6~ 12 店程度の集積は必要です。

[ソフト面の作法]

① まず「店主の個性」が挙げられます。もちろん美味しいに越したことはありませんが、料理の味以外にも店主のキャラクターやこだわりの表出が必要です。その個性に集まる客コミュニティの雰囲気がお店のイメージそのものになります。

② 次に「専門店連携」が挙げられます。一店で何でも揃え、客を囲い込んでしまうのではなく、「焼き鳥」「おでん」など専門店として住み分けながら、飲み歩き・はしご酒ができるようお互いに送客し合い連携していく必要があります。

③ さらに「女性客でもOK な安心、清潔感」も必要です。 ピカピカの新品である必要はありませんが、水周りの清潔感とトイレを中央に配置するなど見守られる安心感を得られる工夫を施す必要があります。

④ 最後に「ホーム感」です。 職種や会社での職位など関係のないフラットな関係と、出身地や趣味などを介して、客がそれぞれに立ち位置が見つけられることが重要です。さらに埋没できる心地よさも大切なようです。_

※以下の【Ⅴ具体的方策 /Ⅵ 次世代横丁】につきましてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ