検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(31) 遊べて仕事もできるヨガスタジオ

Ⅰ スポーツ×商業の難しさ Ⅱ 「ヨガスタイル+α」の可能性 Ⅲ 新しいライフスタイル施設


Ⅰ スポーツ×商業の難しさ

集客に悩む商業ディベロッパーを中心に「スポーツMDを検討したい」という相談をよく受けます。中心にボルタリングや3on3コートを設け、その周辺に一般的なファッションよりも元気なアウトドアブランドを集めようとか、もっと大規模な例ではプロスポーツの集客力に目をつけた「ボールパーク構想」や「アリーナ街づくり」などのプランもあります。スポーツ施設を商業施設の集客エンジンにできないかという視点です。

確かにプロスポーツは魅力的なコンテンツです。5万人近くのファンがスタジアムを埋め尽しているのを見れば、この人たちをお店に誘導したいと思うのは当然です。ただし客観的に検討すると「集客数の桁が違う」ことに気がつきます。プロ野球阪神タイガースの甲子園球場が年間集客数300万人、Jリーグ浦和レッズの埼玉スタジアムで年間集客数は100万人です。それに対して伊勢丹新宿店は年間来館者数4000万人、一般的なショッピングセンターでも1000万人を集客しています。ハッキリ言って「一桁違う」のです。

集客施設という意味ではシネコンが8000㎡の施設規模で年間利用者数100万人、大江戸温泉物語も5000㎡で100万人を集めます。一般的にスポーツ関連施設は非採算施設と想定されますので、数万㎡規模の施設を整備して100万人程度の集客数では、なかなか投資計画として成り立たないのが現状です。しかもスポーツ観戦客は観戦前後の飲食・土産グッズ中心の消費にとどまります。スポーツ実践客なら休息・交流ニーズ中心で、スポーツ関連MDが売れるわけでもない。

スポーツ施設と商業施設との融合は、まずスポーツ施設計画があり、それを補完する形で商業施設が付帯すると考える事が、正解なようです。


※以下の【Ⅱ 「ヨガスタイル+α」の可能性 Ⅲ 新しいライフスタイル施設】につきましてはnoteを購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ