検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(31) 遊べて仕事もできるヨガスタジオ

Ⅰ スポーツ×商業の難しさ Ⅱ 「ヨガスタイル+α」の可能性 Ⅲ 新しいライフスタイル施設


Ⅰ スポーツ×商業の難しさ

集客に悩む商業ディベロッパーを中心に「スポーツMDを検討したい」という相談をよく受けます。中心にボルタリングや3on3コートを設け、その周辺に一般的なファッションよりも元気なアウトドアブランドを集めようとか、もっと大規模な例ではプロスポーツの集客力に目をつけた「ボールパーク構想」や「アリーナ街づくり」などのプランもあります。スポーツ施設を商業施設の集客エンジンにできないかという視点です。

確かにプロスポーツは魅力的なコンテンツです。5万人近くのファンがスタジアムを埋め尽しているのを見れば、この人たちをお店に誘導したいと思うのは当然です。ただし客観的に検討すると「集客数の桁が違う」ことに気がつきます。プロ野球阪神タイガースの甲子園球場が年間集客数300万人、Jリーグ浦和レッズの埼玉スタジアムで年間集客数は100万人です。それに対して伊勢丹新宿店は年間来館者数4000万人、一般的なショッピングセンターでも1000万人を集客しています。ハッキリ言って「一桁違う」のです。

集客施設という意味ではシネコンが8000㎡の施設規模で年間利用者数100万人、大江戸温泉物語も5000㎡で100万人を集めます。一般的にスポーツ関連施設は非採算施設と想定されますので、数万㎡規模の施設を整備して100万人程度の集客数では、なかなか投資計画として成り立たないのが現状です。しかもスポーツ観戦客は観戦前後の飲食・土産グッズ中心の消費にとどまります。スポーツ実践客なら休息・交流ニーズ中心で、スポーツ関連MDが売れるわけでもない。

スポーツ施設と商業施設との融合は、まずスポーツ施設計画があり、それを補完する形で商業施設が付帯すると考える事が、正解なようです。


※以下の【Ⅱ 「ヨガスタイル+α」の可能性 Ⅲ 新しいライフスタイル施設】につきましてはnoteを購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内