top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(32) 合宿コミュニティの効用

Ⅰ「同じ窯の飯」マジック /Ⅱ 合宿の考え方 /Ⅲ 合宿コミュニティの展開


Ⅰ「同じ窯の飯」マジック

合宿というと学生時代のクラブ活動における泊りがけの集中練習を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。5〜7日間にわたる厳しい練習が普通で、私も何度か逃げ出したくなりました。社会人では最近減少傾向で、特にコロナ禍ではオンラインに置き換わる事が多いようですが、新人研修をはじめステップを上る都度の研修が合宿形式だった事例も多いと思います。

以前東京近郊の土地利用プロジェクトを進めていた際に「忙しい日常の中で毎週2時間の定例会議を確保するよりも、一泊二日の合宿形式で詰めた方が、都合がつきやすいし集中できて効果的、都心との程よい距離感のここがその適地だ」という共有認識を得たことを思い出します。

合宿の効用は、何よりも細切れではなく、集中的に討議できるので、繰り返しの無駄がなく、達成感につながることです。正解のない時代にこの効用は、複数の関係者と共に納得解を創造していくプロセスとして非常に有効だと考えます。「同じ窯の飯を食う」という言葉がありますが、この「共体験の積み重ねによる同胞感」がプロジェクトの推進力になるのではないでしょうか。

初日はギコチなくても、その日の夕食及び懇親会で打ち解けると、翌日の議事は円滑に進むことも多いようです。お互いの経験・立場の違いから、意見や言葉に対する認識が異なり、議論がすれ違い論点が噛み合わない場合がほとんどです。「人」と「議論」とを切り離せない日本では、結局「お前がそこまでいうのなら仕方ないか」という納得を得る場合が多いというのが現実です。「同じ窯の飯」マジックは、オンライン会議が最も不得意な分野だと考えます。


※以下の【Ⅱ 合宿の考え方 /Ⅲ 合宿コミュニティの展開】につきましてはnoteにて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page