検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(36) みんなの屋上庭園

Ⅰ 屋上の可能性 Ⅱ 屋上庭園の考え方 Ⅲ みんなの屋上庭園の効用


Ⅰ 屋上の可能性

普段は目にしませんが、都市部に大きく広がっている「余地」が屋上です。近年は屋上緑化が推奨され、実績調査では2017年に整備された屋上緑化面積は約27.6ha(全国屋上緑化施工実績調査:国交省)に上っています。三越伊勢丹の新宿アイ・ガーデンや東急プラザ表参道のおもはらの森が代表例ですが、商業施設の屋上は以前のような「ミニ遊園地」ではなく、都市のオアシスを標榜する「屋上庭園」として整備される事が多くなりました。また渋谷スクランブルスクエアに整備された「シブヤ・スカイ」は、庭園ではありませんがオープンエアの展望台で、これまでにない体験空間を提供し、各種動画にも取り上げられ話題になりました。このように屋上緑化を一歩進めた屋上庭園として整備し、事業価値を高めようという開発が増えてきています。

東京23区の屋上の総面積は4,917ha(東京23区における屋根面積の実態把握と屋上緑化可能面積の推計:2004)という膨大な数字になります。これは耐火構造・陸屋根を条件に算定されており、屋上緑化によって江戸川区(4,990ha)の面積に匹敵する緑を、創出することが可能だということです。

屋上を緑化することにより、緑化土壌の断熱作用や植物自体が日射を遮ることによる、屋内の温度上昇抑制や省エネ効果だけでなく、植物の蒸散作用によって屋外空間の温度上昇を緩和する効果も期待できます。このような環境面の効果に加えて、コロナ禍に伴うアウトドアライフ志向に対応し、のんびり集う、仕事場として使う、BBQや食事する、ワークショップをする、ギャラリーを作るなど様々なアクティビティが想定されます。

大規模な公園緑地を整備する余地の少ない大都市において、屋上は身近かつ貴重なグリーン・フロンティアと言えるのです。


※以下の【Ⅱ 屋上庭園の考え方 Ⅲ みんなの屋上庭園の効用】についてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ