検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(38) ハイブリッド MICE

Ⅰビジネスイベントの大転換 /Ⅱオンライン・ビジネスイベントの考え方/Ⅲ ハイブリッド MICEの可能性


Ⅰビジネスイベントの大転換 

MICEとはMeeting(会議)Incentive Travel(報奨・研修旅行) Convention(国際会議)Exhibition/ Event(展示会・イベント)の頭文字を使った造語で、ビジネスイベントの総称です。国内外から多数の人が集まる機会となるMICE は経済波及効果、都市プロモーション、ビジネス創出などの効果が期待されることから、重要な都市インフラとして関連施設の整備が推進されてきました。日本版 IR(統合型リゾート)開発においても必須施設として整備が求められていました。

ところがコロナ禍で交流・会合が止められ、「Face to Face 」が基本で「3密」の典型例と言える MICEは大打撃を受けます。 2021年のJNTOによるMICEアンバサダーへのアンケートでは7割が開催変更(その内延期62%、中止35%、オンライン開催20%)したと回答がありました。

「東京ゲームショウ2020」はオンライン開催され、重要なコンテンツである物販についてはAmazonと連携することによって、レコメンド機能による機会損失の解消や、ライブ配信を見ながら紹介された商品を購入出来たりするなど、リアル会場で長蛇の列に並ぶことなく快適な購買体験化に成功したと評価されています。また世界有数のビジネスイベントである「SXSW2021」はXRchatを活用し、オンライン上に再現されたオースティンの街をアバターになって回遊できるようにしました。バーチャル空間でもオープニングパーティが開かれたり、アーティスト達のライブ配信を視聴できたりと、世界中からアバターが集まって盛り上がったと言います。

感染防止のためにやむなく取られたオンライン開催ですが、「直接会わなくても商談できた」「移動時間や費用をかけずに情報収集できた」など何らかの成功体験が得られたのではないでしょうか。これにより感染防止対策だけでなく、経済合理性の観点からも、オンライン開催が進むと推察します。


・以下の【Ⅱオンライン・ビジネスイベントの考え方/Ⅲ ハイブリッド MICEの可能性】につきましてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ