top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(38) ハイブリッド MICE

Ⅰビジネスイベントの大転換 /Ⅱオンライン・ビジネスイベントの考え方/Ⅲ ハイブリッド MICEの可能性


Ⅰビジネスイベントの大転換 

MICEとはMeeting(会議)Incentive Travel(報奨・研修旅行) Convention(国際会議)Exhibition/ Event(展示会・イベント)の頭文字を使った造語で、ビジネスイベントの総称です。国内外から多数の人が集まる機会となるMICE は経済波及効果、都市プロモーション、ビジネス創出などの効果が期待されることから、重要な都市インフラとして関連施設の整備が推進されてきました。日本版 IR(統合型リゾート)開発においても必須施設として整備が求められていました。

ところがコロナ禍で交流・会合が止められ、「Face to Face 」が基本で「3密」の典型例と言える MICEは大打撃を受けます。 2021年のJNTOによるMICEアンバサダーへのアンケートでは7割が開催変更(その内延期62%、中止35%、オンライン開催20%)したと回答がありました。

「東京ゲームショウ2020」はオンライン開催され、重要なコンテンツである物販についてはAmazonと連携することによって、レコメンド機能による機会損失の解消や、ライブ配信を見ながら紹介された商品を購入出来たりするなど、リアル会場で長蛇の列に並ぶことなく快適な購買体験化に成功したと評価されています。また世界有数のビジネスイベントである「SXSW2021」はXRchatを活用し、オンライン上に再現されたオースティンの街をアバターになって回遊できるようにしました。バーチャル空間でもオープニングパーティが開かれたり、アーティスト達のライブ配信を視聴できたりと、世界中からアバターが集まって盛り上がったと言います。

感染防止のためにやむなく取られたオンライン開催ですが、「直接会わなくても商談できた」「移動時間や費用をかけずに情報収集できた」など何らかの成功体験が得られたのではないでしょうか。これにより感染防止対策だけでなく、経済合理性の観点からも、オンライン開催が進むと推察します。


・以下の【Ⅱオンライン・ビジネスイベントの考え方/Ⅲ ハイブリッド MICEの可能性】につきましてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page