top of page
検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(45) AR/ VRパーク構想

ⅠパークPFIの次 / Ⅱ AR/ VRパークの可能性 / AR/ VRタウンへの展開


ⅠパークPFI の次

都心の公園を中心にパークPFI 事業の導入が活発です。指定管理者制度は既定の公園管理業務を、民間企業に委託することで民間ノウハウを活用し、従来の公的管理よりも質を高めコストを削減することを目指すものです。これに対してパークPFI は、カフェなど収益性のある飲食・利便施設の設置・運営を、民間委託することで公園の快適性を高め、その賃料収益を賑わいづくりなどに充てるという構造です。豊島区の南池袋公園の成功を皮切りに、各地で盛んに導入が模索されているのですが、立地の適否や地元ネットワークの有無などにより、苦戦を強いられるケースが増えているようです。

コロナ禍でアウトドアへのニーズが高まり、屋外空間の活用に向けてさまざまな工夫が試みられていうますが、雨天が多く屋外での過ごし方については、まだライフスタイルとして定着していないと推察します。

さらに進化して大阪モデルのパークマネジメント・オーガニゼーション制度が導入できれば、大阪城公園や天王寺公園の事例のように、20〜30年の長期にわたる契約年数に比例して、ハードな設備投資を伴うダイナミックな公園活用が可能なのですが、大阪以外ではまだ市民権を得ていないようです。

建築物に制限のある都市公園において、屋外のアクティビティを促進する方策としてAR/VR技術を活用してはどうでしょうか。カナダのデジタルアート集団モーメント・ファクトリーが手がける「ルミナ・ナイトウォーク」は幻想的な夜の散歩道を演出して話題になっています。より手軽な AR/VR技術で、リアルなハードの変更を最小限に抑え、スマホ画面などのデジタル機器上に様々なアクティビティが仕込まれた AR/VRパークです。


※以下の【Ⅱ AR/ VRパークの可能性 / AR/ VRタウンへの展開】についてはnote を購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

【内容】 ヨガの可能性 遊んで仕事もできるヨガスタジオ ヨガ・ライフへの展開 1.ヨガの可能性 身体性を拡張するためのもう一つの都市施設が「ヨガ・プラス」の提案です。 東洋哲学としての仏教は、身体性実践主義として体系化されているのですが、現代の日本においては、どうしても「宗教=怪しさ」が付き纏い敬遠されてしまいます。 マインドフルネスが持て囃されたのも、禅的要素から、宗教色を削ぎ落としたからではな

【内容】 身体性が失われる都市環境 「身体ルネサンス」スタイルの重要性 「身体ルネサンス」ための生活プラットフォーム 1.身体性が失われる都市環境 これまでの論点を整理すると以下の5点になります。 都市の「脳化社会」化と、無思考社会の弊害 「身体性」を生かした「実践・知覚・学習」こそが、AIとの差異。 身体性の再生には、東洋的な身体性実践主義の見直しが有効 五感、特に触覚的な質感を失った現代都市

【内容】 欧米で拡大する亜―バンファーミング アーバンファーミングの作り方 アーバンファーミングの効用 1.欧米で拡大するアーバンファーミング 身体性を拡張する施設として提案するのが「アーバンファーム」です。 ビルの屋上やベランダを活用した農園なのですが、大都市でも3階以上になると排気ガスの影響も少ないといわれ、パリやニューヨークなど世界の都市で増加中です。 特にパリでは、将来的には100ヘクター

bottom of page