検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(48) 都市の幸福論

Ⅰ幸福論の現在位置 /Ⅱ 幸福の定量化 /Ⅲ 都市づくりへの展開


Ⅰ幸福論の現在位置

「モノの豊かさからココロの豊かさへ」などのコンセプトが提唱され出して久しいと思います。ノーベル賞を受賞した心理学者ダニエル・カーネマン教授による「年収と幸福度は一定程度までは比例関係にあるが、年収7.5万ドル(約800万円)程度を超えると幸福度は頭打ちになる」という研究成果は有名です。日本でも成熟社会化とともにGDPなどの経済指標だけでない評価軸の模索が盛んで、政府が2021年度の「骨太の方針」の中でウェルビーイングを指標化する動きがあると言います。

「精神的な豊かさ=幸せの追求」というのが分かりやすいのですが、「幸せ」の概念はあいまいで多様な解釈で議論されてきました。直近20年ほどの研究では「生科学的に良い状態に向かう行為」と定義され、急速に体系化が進んでいます。いわゆる「ポジティブ心理学」と言われる分野で、1998年に米国心理学会長のマーティン・セリグマンとクレアモント大学のミハイ・チクセントミハイ教授によって提唱されました。「幸せとは“状態”ではなく“行為”である」という視点で、それは「訓練で改善できる」とされました。その成果として健康や生産性の向上(=幸せな状態)が得られるというものです。個人の幸せを高める能力(心の資本)として「HERO」の頭文字でまとめられた「4つの前向きな姿勢」が示され、幸せな集団の特性として「FINE:信頼できる関係」の頭文字で表される4つの特性が提示されています。「仕事がうまくいくと幸せになる」のではなく、「幸せだから仕事がうまくいく」という因果関係が研究により明らかになったのです。幸せだから難しい課題に対しても積極的に挑戦することで創造性を発揮し、欠勤率や離職率が下がり、結果として生産性が高まるというわけです。具体的には営業職で30%、創造性では300%も生産性の向上が見られ、1株あたりの利益が18%も高いというエビデンスが寄せられたそうです。(矢野和男著「予測不能の時代」)



※以下の【Ⅱ 幸福の定量化 /Ⅲ 都市づくりへの展開】につきましてはnoteにて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ