top of page
検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(50) 輝き合える都市へ

Ⅰ都市の主役シフト /Ⅱ個人の進化舞台 /Ⅲ輝き合える都市へ


1 都市の主役シフト

コロナ禍の長期化が現実味を帯びてきました。諺にある「台風一過の晴天」とはいかず、コロナ以前の状態に戻る事を夢想しない方が良いのではないでしょうか。より遠くまで移動しより多くの人との交流が価値になったり、より多くの人・モノ・情報を集積させ沢山のお客様での賑わいを目標にしたり、一斉一律での効率良い行動を求める時代は終焉したのです。ホワイトカラーの仕事の殆どがオンラインで可能な事を経験し、これまでの都市づくりの原理とされてきた「移動・交流/集客・集積/一斉・一律」などの「量の経済性」を基点とする価値観がシフトしました。今後は経済合理性中心だけではない「リアル都市の役割」を見極めていく必要があります。「多様かつ濃密な情報交流」という状況でのみオンライン環境に対して優位性を持つリアル環境は、「集まって効率よく働く場」ではなく「様々な活動(=遊び)を通して輝きあう場」としての役割・機能を備えて初めて、ワザワザ出かける場所として価値を持つのではないでしょうか。都市の主機能は「働・生産」ではなく「遊・文化」にシフトしたと考えます。それに伴い経済合理性・利便性を求めて集まる法人(企業)ではなく、より個性・文化性に磨きをかけ発信するために活用する個人が、都市の主役になる時代です。


※以下の【Ⅱ個人の進化舞台 /Ⅲ輝き合える都市へ】につきましてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

【内容】 ヨガの可能性 遊んで仕事もできるヨガスタジオ ヨガ・ライフへの展開 1.ヨガの可能性 身体性を拡張するためのもう一つの都市施設が「ヨガ・プラス」の提案です。 東洋哲学としての仏教は、身体性実践主義として体系化されているのですが、現代の日本においては、どうしても「宗教=怪しさ」が付き纏い敬遠されてしまいます。 マインドフルネスが持て囃されたのも、禅的要素から、宗教色を削ぎ落としたからではな

【内容】 身体性が失われる都市環境 「身体ルネサンス」スタイルの重要性 「身体ルネサンス」ための生活プラットフォーム 1.身体性が失われる都市環境 これまでの論点を整理すると以下の5点になります。 都市の「脳化社会」化と、無思考社会の弊害 「身体性」を生かした「実践・知覚・学習」こそが、AIとの差異。 身体性の再生には、東洋的な身体性実践主義の見直しが有効 五感、特に触覚的な質感を失った現代都市

【内容】 欧米で拡大する亜―バンファーミング アーバンファーミングの作り方 アーバンファーミングの効用 1.欧米で拡大するアーバンファーミング 身体性を拡張する施設として提案するのが「アーバンファーム」です。 ビルの屋上やベランダを活用した農園なのですが、大都市でも3階以上になると排気ガスの影響も少ないといわれ、パリやニューヨークなど世界の都市で増加中です。 特にパリでは、将来的には100ヘクター

bottom of page