検索

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(2) ONLY ONEの都市魅力づくり

更新日:2021年7月26日

Ⅰ「選べる生活、選ばれる街」の時代へ/ Ⅱ (1/100)3乗戦略 / Ⅲ ONLY ONEの都市魅力づくり



Ⅰ 「選べる生活、選ばれる街」の時代へ

世界中を混乱に陥れているコロナ禍ですが、密状態や接触回避の必要性からリモートワークの普及という副産物を提供しました。これまでは都心の会社の立地を中心とした「通勤利便主義」で住む家・街が検討されてきましたが、この通例が覆されようとしているのです。フルリモートへのシフトは難しくても週2〜3日の出社と在宅勤務とを併用するハイブリッド通勤が現実的になり、会議もオンライン開催が主流になった結果、クリエイティブな人材ほど日々の通勤列車から解放され、自分のライフスタイルに合わせた家と街とを選択する可能が高くなりました。「選べる生活、選ばれる街」の時代になったのです。超成熟社会ニッポンではほとんどの街で人口減少と高齢化が進行し、住民(さらには企業)の獲得・誘致競争が激化していくと想定されます。これまでは都心からの交通利便性をヒエラルキーとして選ばれてきたのですが、移動・集積の価値がシフトし「リアルな都市の価値とは何か?」が問い直されるようになります。コンビニエンスストアとネットショッピングの普及で、一定の水準で担保される生活利便性(充足力)だけではない自立した街の魅力(突出力・ ONLY ONE力)が問われる時代になるのです。

従来は東京都心部を頂点として交通利便性、ビジネス利便性、経済規模・集積性で競い合い、より優秀な人材・企業の誘致合戦を繰り広げてきました。それは経済合理性という一つの指標で算出された「偏差値」と同じで、100メートル競走のように一位から順番にランキングがついていく競走といえます。都市開発ビジネスにおいて後発の競争相手は先行事例を詳細に研究し、より大きな集積に最新の機能・スペックの設備を計画してくるため「常に後出しジャンケン状態」で、最新の都市開発エリアが高い人気を獲得する状況が続いてきました。

コロナ禍が生み出した「通勤利便主義からの解放」は、この100メートル競走的な価値観からシフトし、各々の街がその突出した魅力で「選ばれる街」を目指す時代への進化を意味します。逆にいえば「ONLY ONEの都市魅力」を持たない街は、「選ばれない街」になる可能性が高まる時代になったといえます。


※この続き[Ⅱ (1/100)3乗戦略 / Ⅲ ONLY ONEの都市魅力づくり]についてはnote で購入いただけます。


最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ