top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

都市公園の未来 ④ これからの公園の課題と基本方針

10万箇所と言われる都市公園の8割を占める小規模な街区公園では、前項のようなコミュニティ運営が求められますが、残りの2万箇所の公園は、近隣公園など一定規模を備えるため、都市の魅力化に向けてより積極的な活用が可能だと考えます。

都市の魅力化に向けた都市公園を検討するために、「公園とテーマパークとの違い」を整理してみると、無料⇆有料、自主行為⇆鑑賞行為という整理軸が設定されます。そして近年の動向として、より高度な環境ニーズへの対応が求められ、その整備・維持のための、「一定程度の収益事業の並存」という領域が浮かび上がってきます。また自主と鑑賞との中間の「半主体的な関与」という領域も想定可能です。公園とテーマパークの中間領域に次世代の都市公園が「位置付け」られそうです。

次に今後の都市公園に求められる「役割・機能」を想定しみます。上位概念となる「都市」では「人口増加、通勤を伴う業務・商業の集積」ではなく、「人口減少、EC・テレワークの進化」を前提にするため、業務や商業機能に代わって、わざわざ通い集う目的となる都市機能が求められます。「働・生産」機能から「遊・文化」機能へのマグネット価値のシフトと言えます。

この視点で都市公園を考えると、現状の緑化・保全、健康増進やオープンエア活動などの「余白的な役割」から、未来の都市においては、劇場などのフォーマルな発信機能などと共に、「オープンな交感・発信舞台」として、都市の魅力の「中核的な役割の一翼」を担うようになると考えます。従って未来の都市公園に求められるアクティビティ・ツールとしては、芝生広場やカフェテラスなどの「散策・休憩」環境だけでなく、新たに「オープンな舞台」環境が求められるのでは無いでしょうか。

さらに都市部における公園の主要ユーザーの想定は、子どもでは無さそうです。ここではユーザーイメージとして「Worker とPlayer」を想定し、利用目的として「深化・内交と拡張・外交」を設定します。この二つの軸で生み出される4象限で未来の公園のプロトタイプを例示してみます。

  1. Worker×内省・深化:アーバン禅庭 ②Worker×遊交・拡張:言葉の庭 ③Player×内省・深化:大人のプレイパーク ④Player×遊交・拡張:お祭り広場

次回以降で解説しますが、プロトタイプを検討する際に大切なことは、オンライン1stの時代に「公園が都市の魅力発信地の一翼」を担えるかどうか?これまでとは異なる水準のサービス環境を、ユーザーが「半主体的」な関わりで運営を支え、整備・管理いけるのか?ということだと考えています。


最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page