top of page
検索
  • admin

都市開発5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(4) 次世代の都市評価指標づくり

更新日:2021年7月26日

ⅠBeyondコロナの都市評価指標の必要性 /Ⅱ 生活圏の幸福論 /Ⅲ 評価指標の考え方と効用


1Beyondコロナの都市評価指標の必要性

コロナショックを経てリアルな出社、会議、さらには「リアル都市の価値」が問われていると考えます。ダボス会議における「グレートリセット」の議論の象徴されるように、現代都市の基本原理である「集積による経済合理性」が根本的に見直されているからです。

現状の都市に関する評価事例では、森記念財団による「世界の都市総合力ランキング」やリクルートによる「住みたい街ランキング」が代表的ですが、前者はハード中心の客観データ、後者はアンケートを元にしています。確かに都市ランキングは話題になり当該自治体はその結果に一喜一憂しているようですが、民間ディベロッパーなど都市開発関係者にとっては、対象が大きすぎたり相関要素が不明確で、コミットしようがない評価指標というのが実情ではないでしょうか?

またコロナショックを経て、移動・交流価値/集客・集積価値/一斉・一律価値は大きくシフトしました。Eコマースやリモートワークの浸透を前提にした新しいライフスタイルに対応するには、従来の規模や利便性中心の評価指標を見直す必要があると考えます。

一方 技術革新により、従来は定量化が困難とされてきた「創造性」「幸福感」などのより本質的なゴールについて科学的なエビデンスが提供できるようになり、アンケートだけでは無い価値や成果の見える化が可能になっている状況です。

私たちはこのような前提を踏まえて、次世代の都市(街)の評価指標が必要であると考えます。Beyondコロナのライフスタイルに対応し、より本質的な生活価値を見える化でき、そしてディベロッパーをはじめとする都市開発関係者が積極的にコミットする評価指標です。


※以下 Ⅱ 生活圏の幸福論 Ⅲ 評価指標の考え方と効用 はnote にて購読いただけます。

最新記事

すべて表示

【内容】 ヨガの可能性 遊んで仕事もできるヨガスタジオ ヨガ・ライフへの展開 1.ヨガの可能性 身体性を拡張するためのもう一つの都市施設が「ヨガ・プラス」の提案です。 東洋哲学としての仏教は、身体性実践主義として体系化されているのですが、現代の日本においては、どうしても「宗教=怪しさ」が付き纏い敬遠されてしまいます。 マインドフルネスが持て囃されたのも、禅的要素から、宗教色を削ぎ落としたからではな

【内容】 身体性が失われる都市環境 「身体ルネサンス」スタイルの重要性 「身体ルネサンス」ための生活プラットフォーム 1.身体性が失われる都市環境 これまでの論点を整理すると以下の5点になります。 都市の「脳化社会」化と、無思考社会の弊害 「身体性」を生かした「実践・知覚・学習」こそが、AIとの差異。 身体性の再生には、東洋的な身体性実践主義の見直しが有効 五感、特に触覚的な質感を失った現代都市

【内容】 欧米で拡大する亜―バンファーミング アーバンファーミングの作り方 アーバンファーミングの効用 1.欧米で拡大するアーバンファーミング 身体性を拡張する施設として提案するのが「アーバンファーム」です。 ビルの屋上やベランダを活用した農園なのですが、大都市でも3階以上になると排気ガスの影響も少ないといわれ、パリやニューヨークなど世界の都市で増加中です。 特にパリでは、将来的には100ヘクター

bottom of page