検索
  • admin

都市開発5.0 Beyond コロナの都市づくり50のヒント(5) MaaSによる都市革命

更新日:2021年7月26日

Ⅰ MaaSの現在位置 /Ⅱ 都市が変わる /Ⅲ 街路が変わる


Ⅰ MaaSの現在位置

私たちの研究会においてモビリティ研究の第一人者である牧村和彦氏(一社 計量計画研究所理事)に登壇いただきました。欧米での最新動向として、まず2020年秋からのGoogleによる自動運転タクシーの商用サービス@アリゾナや、アマゾンによる自動運転バス@カリフォルニアの事例が提示されました。東南アジアのグラブやUberも売上がコロナ前の水準超えに達しています。人口140万人のヘルシンキをはじめバーミンガム、アントワープ、ウィーンにおける、whim(2021年1月日本参入)による交通サブスクの普及状況が報告されました。

複合的なサービスを展開する彼らは「配車サービス」ではなく、「交通ネットワーク・カンパニー」と認識すべきで、 MaaSの本質は単なる「乗り継ぎサービス」ではなく、「交通産業の D X化」だという意見でした。日本において鉄道会社が行ってきた鉄道を中心とした住宅や商業、観光地開発を、丸ごとDX化する事が MaaSだというのです。ですから「移動」×「他産業」が繋がり、都市サービスとしてシームレスに提供されると考えるべきで、既存の都市の時間・空間・経済的な「ムダ」が排除され、移動創発を通じた「都市革命」が起こるという指摘でした。


・Ⅱ 都市が変わる /Ⅲ 街路が変わる についてはnote にて購入頂けますので、よろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内