検索
  • admin

顧客接点プレイス ⑩ 顧客接点プレイスの未来

今後の顧客接点プレイスのあるべき姿を考える、ベンチマークの一つの一つとして、コンビニ最大手のセブンイレブンがあると思います。

同社は「売上5兆円のうちの約6割をPB商品が稼ぐ」と言われています。顧客接点から情報を得て、商品を開発して改良を重ね、信頼を築きながら販売を続けた成果だと言えます。生活インフラ型の顧客接点プレイスの最終型と言えるのではないでしょうか。

もう一つのベンチマークがディズニーモデルです。

ディズニーの統合モデルでは、映画によって開発・共感されたキャラクターを、テーマパークのアトラクションやキャラクター・グッズ販売など多方面のキャッシュ・ポイントに活用しています。特定の嗜好のファンに対して、多方面のサービス提供をしていく、エモーショナル型の顧客接点プレイスのヒントがあると考えます。

顧客接点を「太く&強く」していくと、多彩なマーケティング機会が生まれます。従来の商業施設のように、一方的な宣伝・集客して消費して終わりという関係ではありません。

もちろん適正立地は限定的になると考えられますが、次世代の生活文化を共に選び、開発・表現するライブ会場であり、厳選された商品・サービスがアーカイブされたミュージアムにもなるコンテンツの受発信拠点になります。

さまざまなコミュニティが定期的に通い集う次世代の賑わい拠点でもあります。マーケティングの初期段階で想定していた顧客との宣伝・認知接点及び販売・購入接点は、融合して一体化していきます。

流通の最終形は「消費者は自分にぴったりの小さなブランドを探し」「メーカーはリードタイムの短いD2 C対応になり」「小売はPB開発するインフラ系店舗とエモーショナル系店舗とに二極化」という状況に行き着くと想定します。

小売とメーカーとの境界が曖昧になり、個客、個売りを目指すことになるのです。


顧客接点機会に恵まれた場所の代表は、鉄道駅になります。JR東日本の顧客接点数は、実にセブンイレブン全店に匹敵(1日当たり約1600万人:日本マーケティング研究所 調べ)すると言われます。この顧客接点機会は、もっと様々な形で活用できるのではないでしょうか。

従来は混雑するコンコースの乗降客を如何にスムーズに流動・排出させるか?に腐心してきましたが、コロナ禍で混雑が緩和され、ゲートレス化で人流が平準化すれば、乗降客を顧客接点として活用できる可能性が高くなります。

売り場としてのハコでは無く、顧客接点として、ハコ・カベ・ミチ(マチ)として駅及び周辺の活用を図る必要があります。次世代の「店舗」はハコ・カベ・ミチ(マチ)に溶け込んでいくと考えます。

このゴールを見据えながら(商業)施設事業者は、顧客接点プレイスを運営し、 BtoBプラットフォーマーを目指すべきではないでしょうか。


最新記事

すべて表示

歴史と伝統のイメージが強い神社仏閣ですが、実は時代のニーズに対応して、様々なマーケティング施策・観光振興策を駆使してきました。 清水寺の観光振興 太宰府の学業成就 川崎大師の初詣 湯島天神の絵馬 浅草神社の夏詣で 1.清水寺の観光振興 昭和30年頃まで、清水寺の観光客は極めて少なく、産寧坂には店舗もなかったと言います。そこで清水寺は観光振興のために、御堂の下を大随求菩薩の胎内に見立てた「胎内巡り」

これまでの街づくりと社寺仏閣との関係を整理し、これからのあり方について、検討します。 【内容】 今昔の街づくりでの位置付け 都市における社寺の可能性 シビックプライドの拠点としての社寺整備 1.今昔の街づくりでの位置付け 江戸時代までの社寺は、街づくりにおいて、大変重要な位置を占めていました。 門前町では、神社や寺院を中心に街が形成され、城下町でも、武家地、町人地、寺社地などに町割りされて計画して

全国の神社仏閣が、コンビニの2.5倍もあることは、前回触れましたが、なぜそこまで社会に浸透し、増えたのか?について、その歴史を踏まえて検討します。 【内容】 自然崇拝から始まる 仏教伝来と神仏習合 社寺の保護と仏教制圧 政策としての寺請・檀家制度 国家神道と廃仏毀釈 GHQと神道司令 1.自然崇拝から始まる 古代、大木や巨岩あるいは山などは、神さまが降りられる場所、鎮座される場所とされました。その