検索
  • admin

魅力資源「コト・テーマ」の磨き上げ方:ファン・タウン ⑧ 実践方策 C 「コト・テーマ」

ファン・タウンづくりの実践方策 Cは「コト・テーマ」です。

【内容】

  1. 「コト・テーマ」の発掘対象

  2. 「コト・テーマ」の磨き方

  3. ダイナミック& POPブランディング




1.「コト・テーマ」の発掘対象

コトとは祭りや名物、活動プログラムなどを指します。

  1. 祭り:祭りは社寺関連の伝統的なお祭りから、行政や商工団体主催のお祭り、エリマネやディベロッパーによる活性化イベントもお祭りという呼称を使用している場合があります。

提供者と鑑賞者とに明確に分かれる「イベント」ではなく、皆が参画者になる「お祭り」の方が、継続性という意味で、好ましい事には触れておきます。

  1. 名物:街の名物とは、和菓子や土産系産品、ご当地グルメなどが想定されます。

  2. 活動プログラム:街の活動プログラムは、〇〇運動など、地元サークルなどの活動が挙げられます。


2.「コト・テーマ」の磨き方

これらのコトに、磨きをかけるための提案として、アートや福祉、環境、教育などのテーマとのコラボが有効です。

「地元の、地元による、地元のためのコト」が本来の姿ですが、地元の参加者だけでは、視野も裾野も広がりません。

事例として、私たちの障害者支援系NPOと、神宮前の商店会のストリートイベントとのコラボが挙げられます。

テーマ系の団体とコラボする事によって、外部の人たちが、ネットワークで参加し、来街する「名目」が生まれるのです。

地元のコトには「意味拡張」が有効です。

このような構造になれば、ボランティアの若者も参加しやすくなり、「地域のコト」が、ソフトでオープンな色彩を帯びるようになるのです。


3.ダイナミック&POPなブランディング

ブランディングの方向性として、地元やテーマが「地味で硬い」イメージがあるため、「ダイナミックでpop」な方向性のアピールが有効です。

先のNPO 法人が、渋谷ヒカリエで2021年まで開催していた「趙福祉展」では、「渋谷×福祉×テクノロジー×pop」というコンセプトを基に、電動車椅子や義手、音声アプリなどの最先端のテクノロジーを駆使した、福祉関連の展示物を集めると共に、「渋谷発」だから可能な、POP でアグレッシブな、グラフィックと会場構成で、評価いただきました。


次回以降では、ファン・タウンの効用と次ステップ展開などについて整理します。


最新記事

すべて表示

歴史と伝統のイメージが強い神社仏閣ですが、実は時代のニーズに対応して、様々なマーケティング施策・観光振興策を駆使してきました。 清水寺の観光振興 太宰府の学業成就 川崎大師の初詣 湯島天神の絵馬 浅草神社の夏詣で 1.清水寺の観光振興 昭和30年頃まで、清水寺の観光客は極めて少なく、産寧坂には店舗もなかったと言います。そこで清水寺は観光振興のために、御堂の下を大随求菩薩の胎内に見立てた「胎内巡り」

これまでの街づくりと社寺仏閣との関係を整理し、これからのあり方について、検討します。 【内容】 今昔の街づくりでの位置付け 都市における社寺の可能性 シビックプライドの拠点としての社寺整備 1.今昔の街づくりでの位置付け 江戸時代までの社寺は、街づくりにおいて、大変重要な位置を占めていました。 門前町では、神社や寺院を中心に街が形成され、城下町でも、武家地、町人地、寺社地などに町割りされて計画して

全国の神社仏閣が、コンビニの2.5倍もあることは、前回触れましたが、なぜそこまで社会に浸透し、増えたのか?について、その歴史を踏まえて検討します。 【内容】 自然崇拝から始まる 仏教伝来と神仏習合 社寺の保護と仏教制圧 政策としての寺請・檀家制度 国家神道と廃仏毀釈 GHQと神道司令 1.自然崇拝から始まる 古代、大木や巨岩あるいは山などは、神さまが降りられる場所、鎮座される場所とされました。その