検索
  • admin

魅力資源「人テーマ」の磨き上げ方:ファン・タウン ⑥ 実践手法 A「人」

ファン・タウンづくりの実践方策Aは「人テーマ」です。

【内容】

  1. 人テーマの発掘対象

  2. 人テーマをつなぐプラットフォームづくり

  3. ギャップを秘めたブランディング

  4. そして開催場所を拡張していく



ファン・タウンづくりの実践手法として、魅力資源「人テーマ」の磨き上げ方を検討します。


1.人テーマの発掘対象

まずどんな人が発掘対象になるでしょうか?以下のような人たちが例示できます。

  1. こだわりの料理を提供してくれる飲食店の店主

  2. モノづくりの職人

  3. お稽古事から豊かなコレクションや蘊蓄・知見を持つ様々な分野の達人、

  4. 音楽・演劇・美術・工芸など様々の分野のアーティスト


2.人テーマをつなぐプラットフォームづくり

次にこの人たちを繋げるプラットフォームを検討します。

前述したように、個人の特技や興味をバラバラに並べただけでは、ユーザーに届きませんし、ファンも育めません。

大切なことは「ユーザー(受け手)がイメージしやすい体系化」です。

シブヤ大学や丸の内朝大学では、「街まるごと大学」に見立てて、「健康学部」や「美味しさ学部」のようにテーマグルーピングし、大学の講義として、教壇に立ってもらう機会を作っています。

「大学」見立ての他にも、「ストリートミュージアム」として、表現・発表の場と機会を提供できると面白いと思います。

もっと手軽には、住み開きをした上で、「街まるごとホテル」に見立てるセカイホテルの中の「文化室」のように位置付けたり、「大人の社会見学ツアー」に仕立てても良いと思います。


3.ギャップを秘めたブランディング

その上で、シブヤ大学のような「大学&面白フレンドリー」な表現や、燕三条の工場の祭典のように「工場&カラフルな祝祭感」のブランディングができると、ギャップによるインパクトを持ちます。

昔の街並みの中では、「ハレとケ」の対比が容易で、お祭りの祝祭感が、鮮やかに浮かび上がったのですが、「一年中がイベント」のようになっている都市の商業地において、存在感を持たせることは容易ではありません。インパクトのあるビジュアル演出や、丸の内朝大学のように、「朝」という時間に特徴を持たせることも参考になります。


4.そして活動場所を拡張していく

そして大切なことは、「活動場所の拡張」というベクトルを持つことです。

対象範囲を広げたり、開催場所を増やすだけでなく、公共施設や公園・道路など、開催ハードルの高い場所での実現を目指すことが、関係者のモチベーションになります。

コロナ禍ですっかり下火になってしまいましたが、「街バル」は非常によくできた仕組みだと思います。

共通チケットによる飲食店ホッピングは、それまで行ったことのない飲食店を開拓・体験する機会を楽しめますし、お店にとっても新規客との接点になっていました。

街バルの仕組みに加えて、月一度でも街路上にテーブル・椅子を並べて、「街まるごとビヤガーデン」になれば、非常にインパクトを持つのではないでしょうか。


次回は「場所テーマ」の実践手法を検討します。



最新記事

すべて表示

歴史と伝統のイメージが強い神社仏閣ですが、実は時代のニーズに対応して、様々なマーケティング施策・観光振興策を駆使してきました。 清水寺の観光振興 太宰府の学業成就 川崎大師の初詣 湯島天神の絵馬 浅草神社の夏詣で 1.清水寺の観光振興 昭和30年頃まで、清水寺の観光客は極めて少なく、産寧坂には店舗もなかったと言います。そこで清水寺は観光振興のために、御堂の下を大随求菩薩の胎内に見立てた「胎内巡り」

これまでの街づくりと社寺仏閣との関係を整理し、これからのあり方について、検討します。 【内容】 今昔の街づくりでの位置付け 都市における社寺の可能性 シビックプライドの拠点としての社寺整備 1.今昔の街づくりでの位置付け 江戸時代までの社寺は、街づくりにおいて、大変重要な位置を占めていました。 門前町では、神社や寺院を中心に街が形成され、城下町でも、武家地、町人地、寺社地などに町割りされて計画して

全国の神社仏閣が、コンビニの2.5倍もあることは、前回触れましたが、なぜそこまで社会に浸透し、増えたのか?について、その歴史を踏まえて検討します。 【内容】 自然崇拝から始まる 仏教伝来と神仏習合 社寺の保護と仏教制圧 政策としての寺請・檀家制度 国家神道と廃仏毀釈 GHQと神道司令 1.自然崇拝から始まる 古代、大木や巨岩あるいは山などは、神さまが降りられる場所、鎮座される場所とされました。その