top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

魅力資源「場所テーマ」の磨き上げ方:ファン・タウン ⑦ 実践手法B 「場所」

ファン・タウンづくりの実践方策 Bは「場所テーマ」です。

【内容】

  1. 場所テーマの発掘対象

  2. 「場所×〇〇」で磨く

  3. 「洗練感」でブランディング




1.場所テーマの発掘対象

ファンの対象となる場所の発掘では、下記のような対象が例示できます。

  1. 神社・仏閣をはじめとする歴史的価値の高い場所が挙げられます。

  2. そして川沿いや海沿い、公園・緑地に隣接していたり、高台など景色に優れた場所も魅力的です。

  3. さらに古民家や路地などの歴史的景観や、遊歩道や並木道など街並みも候補地になります。


2.「場所×〇〇」で磨く

大切なことは「場所×〇〇」が必要だと言う事です

ほとんどの場所は、神社があるだけ、川沿いや公園・並木道を歩けるだけ、高台から景色が見えるだけ、「そのまま」の状態でしかありません。

新鮮な魚介類が水揚げされる港町では、「刺身で食べるのが一番」とされ、調理法が発達しない事の例えと同じです。積極的に場所の活かす工夫が、足りないのではないでしょうか。

個々の資源に潜在力があっても、「そのまま」では、インパクトが足りませんし、リピーターも望めません。

その場所で歴史や文化を味わい、景色や街並みを楽しめる工夫が必要なのです。

対象地の価値を高める手法として、複合的な体験価値を提供してはどうでしょうか。

分かりやすい例で言うとカフェ・レストランを開設することで、「場所×食事」を体験化する事が挙げられます。

さらにグランピングなどの宿泊施設化すれば、「場所×宿泊」となり、一層体験価値を高めることが可能です。

最初はピクニックイベントやキッチンカーによる暫定的な滞在体験かもしれません。

そのほかにも「場所×学び」の教室や「場所×読書」のライブラリーなど、できる限り複合的な体験価値を提供することが重要です。


3.「洗練感」でブランディング

場所を価値化する際のブランディング・スタンスとして、「洗練感」の演出が有効です。

絶景地でフルサービス・ディナーを提供する「ダイニング・アウト」のレベルを求めるのは、難しいかもしれません。それでも南池袋公園でのマルシェイベントのワゴンのデザインや、多摩川の河川敷で開催される「もみじ市」の出店テントのおしゃれな店構えなどは、参考になるのではないでしょうか。

「この場所が、こんなにお洒落になるの?」という演出によるギャップ&インパクトが効果を持つのです。


次回は「コト・テーマ」の磨き上げ方を検討します。



最新記事

すべて表示

実現性と未来 健康経営ビル ⑥

【内容】 事業構造イメージ 街への広がり 健康経営ビルディングの未来 1.事業構造イメージ 健康経営支援施設(ヘルスケア・シェアオフィス)を運営するための収益イメージとして、下記のエビデンスを活用します。 テナント専用面積の25%超が、会議・リフレッシュスペースで占められ、増加傾向にある、(コクヨ) 6−14人の会議スペースの平均稼働率は約30―60%で、20人を超える大会議室の稼働率は、稼働率2

基本イメージ 健康経営ビル ⑤

【内容】 基本方針 「ウエルネス・シェアオフィス」イメージ 1.基本方針 健康経営ビルディングは、ビルオーナーや不動産ディベロッパーが対象になります。 「各オフィステナントが、専用部内で個別に確保する必要のある健康経営関連スペース(の一部)を、ビル側が共用施設として低層部に集約することによって、合理化すると共に、健康経営の下支えすることで、ビル全体の価値向上を図る」と言うものです。 健康経営の評価

研究会での知見 経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

Commentaires


bottom of page