検索
  • admin

CAMPUS2.0 ③ 共通一次試験の功罪

大学の入試改革として、国立大学に「共通一次試験」が導入されたのは、1979年でした。マークシート方式は入試業務の画期的な効率化につながり、何度かの改善を経て、私立大学も活用するようになり、毎年50万人以上が受験する「大学入試センター試験」として現在に至っています。共通一次試験の導入時代は日本が「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と持て囃され、世界で最も不良品を出さない、世界一の工業国として上り詰めるタイミングといえます。マークシート方式の大学入試導入によって、ミスを少なくする訓練、ミスを見つけてすぐに直す訓練が、中高教育では徹底・強化されることになります。1989年のベルリンの壁の崩壊、インターネット時代の到来とともに、我が国の産業構造にも大きな変革が迫られているにも関わらず、必要とされる「創造型人材」とは異なる、工業最適化人材ばかりが輩出される構造が維持されてきたのです。国立情報学研究所が作り、東大入試に挑戦することで話題になった人工知能の「東ロボくん」は、センター試験模試では、偏差値57超と高得点を獲得できました。またオックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授は「現在ある600の職業の49%はAI に置き換わってしまう」という研究結果を発表しています。つまりマークシート方式のセンター試験を続ける限り、AIに置き換えられる人材(失業予備軍)を大量に養成する事になるのではないでしょうか。方針転換が期待されたセンター試験(共通テスト)への論述形式の導入による入試改革は、手続きの不手際が災いし、頓挫したままになっています。一部大学での論述式試験やAO入学の導入や、早稲田大学政経学部での数学必須化など改善が見られるものの「日暮れて道遠し」という印象です。

これからの大学でどのような人材育成が求められているのか?その為にはどのような能力を図る入試が必要なのか?根本的な問いに立ち返り、目的と手段とを整理した上でロードマップを作成する、という具体的な対策を講じていく必要があるのではないでしょうか。


最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務