top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

XR の現在地:商業施設の XR 武装 ③

【内容】

  1. スマホでのAR視聴のハードル

  2. ARグラスの進化と課題

  3. コンテンツの対応レベル




1.スマホによるAR視聴のハードル

現状でのARデバイスは、スマホの活用が一般的です。

従って、スマホでARコンテンツを視聴するには、ユーザーの能動的なアクションが、何段階も必要になるというハードルがあります。

具体的な視聴プロセスとハードルは、下記のようになります。

  1. ハードル1:「何が視聴できるか分からない」というユーザーに対して、企画を認知して貰った上で、「面白そうだ」という興味を抱かせる必要があります。

  2. ハードル2:「どうすれば、視聴できるか分からない」というユーザーに対して、方法を理解して貰った上で、「なるほど、やってみよう」と、アプリをダウンロードさせる必要があります。

  3. ハードル3:「表示までの手間が面倒くさい」というユーザーに対して、マーカー読み取って貰った上で、視聴し「面白い」と実感させる必要があります。


この三段階の能動的なアクションは、非常に大きなハードルといえます。

ハードルを最小限にするためにも、個別・単体でいちいちスマホを起動するのではなく、「リアルで面白そうだ」と興味を抱いて貰い、「ゲートでアプリ・ダウンロード」までの操作を終えた上で、ARコンテンツを楽しむようなプロセス設計が必要です。

当面は商業施設全体が、一種の「プチ・テーマパーク的」な演出をして、一括でも対応と体験プロセスを、提供する必要があると考えます。


2.ARグラスの進化と課題

スマホにかわるデバイスとして、近未来的には、ARグラスの普及が期待されます。

従来のようなゴーグルサイズから、進化を繰り返し、最近ではサングラスと変わらないデザインと重量の商品が開発され、日常使いに近づきつつあります。

2024〜2025年頃から普及が進み、2030年には一般化すると予想されています。

ARグラスでは、スマホでのハードルのように「ワザワザ見に行く」のではなく、前提として「様々な情報付きの光景が見えている」状態になっています。

「通りを歩けば」、目的に合わせて、候補のお店の場所が、ピックアップ・案内され、

「お店に入れば」、通路空間に「お買い得、オススメ商品」が飛び出して表示され、

「商品を手に取れば」、産地、作り手情報から調理方法などの様々な関連情報が並ぶ、

そんな近未来のコンセプト映像が流通しています。

「このような情報洪水状態が、現実的なのか?」の課題が、これから検証されていくのではないでしょうか。


3.コンテンツの対応レベル

先述のパルコの安藤さんによれば、提供コンテンツのレベルでは、下記の3ステップが想定されています。

  1. お客様に喜んでいただける方法を知るステップ:まずイベントなどのtoC の場で、アウトプットを出し続け、お客様に支持を得る方法を模索している段階です。【2022年段階】

  2. 拠点を体験メディア化して、ユーザーを獲得するステップ:コンテンツの常時配信拠点を定め、催事場の要領で、コンテンツの更新・運用を始めます。

「ここはいつも何かやっているから見に行ってみよう」と習慣づける段階になります。【1〜2年後:2025年頃想定】

  1. 集客力を活かしてビジネス展開するステップ:それまでに獲得した集客力を、物販・広告・興行などのビジネスに転用する段階です。【2〜3年後:2027年想定】


現状は①ステップで、まだマネタイズは難しく先行投資している段階です。

【技術の進化とニーズの盛り上がり】とのタイミングの見極めが難しいですが、2030年前後に完成する都市開発プロジェクトでは、実装しておく必要がありそうです。

最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page