DESIGN DRAFTING

​構想立案業務

こんな状況になっていませんか?

●情報・価値観の多様化で「想い」もバラバラ:迷走
●市場調査も説得力に欠ける:閉塞状態

「正解」のない時代だから、「納得解」を創るのです。
私たちは共創ワークを通じて、「納得解の方程式」を組み上げ、コンセプトと戦略ストーリーを紡ぎ出します。
建物ボリュームの与件だけで、ハードが先行しがちな都市開発だからこそ、構想段階における「ソフトな設計与件づくり」が重要だと考えます。


●民会複合都市開発のプロジェクト構想
●エキマチ一体型の都市開発プロジェクト構想
●公民連携による都市開発プロジェクト構想
●公有地活用の事業コンペ提案書作成

AとBのGAPとして抽出された課題を、
C:潜在力にD:コンセプトを掛け合わせて解決する

納得解の方程式

課題抽出

立地・
ポジショニング
及び
目指すべき
方向性

-

現状
事業条件

A

B

=

解決方策

敷地
潜在力

×

開発
コンセプト

C

D

戦略ストーリー化の実現

納得共有

着目点・
リソースの
抽出

方策・
プロセス
体系化

ゴール
&未来
ビジョン

三位一体の
戦略
ストーリー

構想における ソフトの設計与件 づくり

ソフトの設計与件

< 第1レイヤー> 人々のアクティビティ
 …どんな人達が、どう過ごし、楽しむのか?
< 第2 レイヤー> MD・施設サービス
 …どんな店舗・サービスの施設があるのか?
< 第3 レイヤー> 建築・環境
 …どんな建物配置・構成になっているのか?

SERVICE MENU

構想立案業務

DESIGN DRAFTING

This page!

Practice Support

実践支援のご紹介

Collaborative

業務手法のご紹介