top of page
検索
  • admin

今 どうしてアート街づくりが注目されるのか?:アート街づくり ①

【内容】

  1. アート街づくりが「持て囃される」背景

  2. アート街づくりにおける「ゴール」の必要性




1.アート街づくりが「持て囃される」背景

「アートを生かした街づくり」が標榜されて久しいのではないでしょうか?

  1. 国レベルでは、文化庁は2009年に「文化芸術立国」を日本の文化面での目標として掲げました。高度経済成長期における工業の発展から、成熟した日本が、国際社会において存在感を示すための方策として、文化芸術の活用・発信が求められています。

  2. 自治体レベルでは、文化芸術活動に、人々の交流を深め、価値観が多様化した都市や地域の連帯感を育む効果が期待されています。

  3. 企業活動においては、既存事業の延長だけでは成長が難しく、常に新規事業の開発が求められ、イノベーション機会としてのアートの活用が模索されます。

  4. 生活者においても、ワーク&ライフスタイルのバランスが求められ、物質的だけでなく、精神的な豊かさが求められています。さらに、 SNS を通じた一億総情報発信時代も、アートに対する関心が高まる背景になっています。

  5. そしてアーティストにとっては、アート市場が十分に育っていない日本において、アートプロジェクトが、重要な活動原資になっていることも事実です。


このように様々なレベルの背景が有って、街づくり手法としてアートに期待を寄せ、都市部や地方を問わず、様々なアートプロジェクトが開催されています。(2016年から2018年の間で、開催期間が1ヶ月を超えるものを抽出しただけで、23カ所あり、1ヶ月未満のものを加えると相当数に登ると推察されます。跡見女子大・磯貝政弘教授)

全国的にアートを用いた街づくりが展開されているのです。



2.アート街づくりにおける「ゴールと方法論」の必要性

芸術祭、ビエンナーレ・トリエンナーレなどの呼称で、アートプロジェクトが、まちづくりの有効な手法として、行政や地域コミュニティに受け入れられるようになってきました。

しかし、その目的は地方創生、観光振興、空き家対策、地域活性化など様々です。

近年 各地で展開されているアートプロジェクトの多くは、単なるイベントの域を出ない、一過性のものや、地域独自の文脈とは関係の薄い金太郎飴的なものがほとんどで、地域に根付き、次の活動・創造、文化レベルの向上に寄与しているとは言い難い状況です。

昨今のアートプロジェクトを、「単に賢そうなイベントに終始している」と懸念するアート関係の有識者もいます。

アートプロジェクトの「ゴールと方法論」について、議論・整理されていないのでは無いでしょうか?

もう街の表層を飾るだけのアートでは、公共予算の継続が認められない状況です。民間にもバブル期の CSRや社会貢献のように、協賛する余裕は無くなっているのです。

街づくりには20年必要といわれる中で、一過性のイベントではなく、アート街づくりの方法論の整理が必要です。


このような認識をもとに、今シリーズでは「アート街づくり」を検討します。

最新記事

すべて表示

【内容】 消費経済ルールではない関係性づくり 静脈系の価値提供で「半分になった世界を取り戻す」 身体系プラットフォームで、都市も社会も変わる 1.消費経済ルールではない関係性づくり 都市の街並みは美しくなったのですが、その反面、道端の屋台はそのほとんどが取り締まられて姿を消してしまいました。 路上ライブ・ストリートダンスや大道芸などのパフォーマンス行為は規制の対象となり、予め設定されたスペースでの

【内容】 ヨガの可能性 遊んで仕事もできるヨガスタジオ ヨガ・ライフへの展開 1.ヨガの可能性 身体性を拡張するためのもう一つの都市施設が「ヨガ・プラス」の提案です。 東洋哲学としての仏教は、身体性実践主義として体系化されているのですが、現代の日本においては、どうしても「宗教=怪しさ」が付き纏い敬遠されてしまいます。 マインドフルネスが持て囃されたのも、禅的要素から、宗教色を削ぎ落としたからではな

【内容】 身体性が失われる都市環境 「身体ルネサンス」スタイルの重要性 「身体ルネサンス」ための生活プラットフォーム 1.身体性が失われる都市環境 これまでの論点を整理すると以下の5点になります。 都市の「脳化社会」化と、無思考社会の弊害 「身体性」を生かした「実践・知覚・学習」こそが、AIとの差異。 身体性の再生には、東洋的な身体性実践主義の見直しが有効 五感、特に触覚的な質感を失った現代都市

bottom of page