検索
  • 松岡一久

街のコンテンツ1

 2020 年のオリンピックイヤーになり、東京の街が少しソワソワしてきています。

2019 年の訪日外国人観光客も過去最高の3200 万人弱に達しています。

これらの追い風を基に様々な大型都市開発が進行中です。

東京23区には延べ床面積1万㎡以上の案件だけで280件を超える開発が進行中だと言

います。

開発対象として真っ先に矛先が向かう「駅前」にあるのが、昔ながらの「横丁」です。

代表的な「新宿思い出横丁」「渋谷のんべえ横丁」「吉祥寺ハモニカ横丁」などをはじめ駅前には木造、低層、小区画の再開発対象条件を備えた飲食店街が軒を連ねていることが多いのです。

 2000 年代になり新宿や渋谷の横丁にインバウンド客や若い女性客が入り始めます。

2016 年のリクルートトレンド予測では「横丁ルネサンス」がピックアップされ、anako、pen、散歩の達人などの雑誌が横丁特集を組みました。

さらに「吉祥寺ハモニカ横丁」を中心に様々な横丁研究本も出版され、近代的な都市開発と並行して横丁が注目されだしたのです。

 都市開発関係者の多いFIACS メンバーはこれまでのスクラップ&ビルド型の開発手法への反省を含めて、本年度は「まちのコンテンツ(=横丁文化)を継承する都市開発」を検討してきました。

2020年初からのFIACS 通信では、経済合理性や防災リスクへの対応などで消滅の危機に瀕している横丁に関して、単純なスクラップ&ビルドや懐古趣味から開発反対ではない「第3の道」がないか?既得権としての店主の継承ではなく「遺すべき価値と仕組み」を明らかにしていきます。

最新記事

すべて表示

Beyond コロナの都市づくり⑩ 「Beyondコロナの条件」

都市が人類の最大多数の価値観を反映する舞台だとすると「移動・交流価値/集積・集客価値/一斉・一律価値」などの価値シフトを踏まえた最適解を考える必要があると思います。 移動に伴うストレスと無駄の実感、オンラインが基本でリアル対面が特別、適正規模のコミュニティやコミットの自覚、一律ではない独自行動の可能性などこれまでとは異なる価値観への対応です。 これまでは量を集めることでの経済性を求めざるを得ない構

Beyond コロナの都市づくり⑨「コロナショックを考える視点」

Beyond コロナの都市づくり⑨「コロナショックを考える視点」 コロナショックの影響は苦労しながらのテレワーク環境の実装や、それに伴う家と徒歩生活圏の充実ニーズなどの行動変容がまず挙げられます。 これらを背景にインバウンドの蒸発と各種イベントの中止が加わり、観光・エンタメや飲食業など都市型サービス業への大打撃となっています。 様々なビジネスが「オンラインを活用した分散型へのシフト」に伴う混乱とも

Beyondコロナの都市づくり⑧「集客イベント、リアルとオンライン連動の形」

Facebookでのオンラインコミュニティの育成を通じて3000人規模のオンラインイベントに結実させた実績を持つ インバウンドメディア運営の青木優氏( MATCHA代表)にお話しを伺いました。 今回のインバウンドの蒸発という状況に際して業界の底上げという目的と「−99,9% インバウンド観光 逆転のシナリオ」というコンセプトの明確化がムーブメントを生み出すと説かれました。 その上で星野リゾートの星

©2018 ENERGY LABO ALLRIGHTS RESERVED.