top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

街のコンテンツ1

 2020 年のオリンピックイヤーになり、東京の街が少しソワソワしてきています。

2019 年の訪日外国人観光客も過去最高の3200 万人弱に達しています。

これらの追い風を基に様々な大型都市開発が進行中です。

東京23区には延べ床面積1万㎡以上の案件だけで280件を超える開発が進行中だと言

います。

開発対象として真っ先に矛先が向かう「駅前」にあるのが、昔ながらの「横丁」です。

代表的な「新宿思い出横丁」「渋谷のんべえ横丁」「吉祥寺ハモニカ横丁」などをはじめ駅前には木造、低層、小区画の再開発対象条件を備えた飲食店街が軒を連ねていることが多いのです。

 2000 年代になり新宿や渋谷の横丁にインバウンド客や若い女性客が入り始めます。

2016 年のリクルートトレンド予測では「横丁ルネサンス」がピックアップされ、anako、pen、散歩の達人などの雑誌が横丁特集を組みました。

さらに「吉祥寺ハモニカ横丁」を中心に様々な横丁研究本も出版され、近代的な都市開発と並行して横丁が注目されだしたのです。

 都市開発関係者の多いFIACS メンバーはこれまでのスクラップ&ビルド型の開発手法への反省を含めて、本年度は「まちのコンテンツ(=横丁文化)を継承する都市開発」を検討してきました。

2020年初からのFIACS 通信では、経済合理性や防災リスクへの対応などで消滅の危機に瀕している横丁に関して、単純なスクラップ&ビルドや懐古趣味から開発反対ではない「第3の道」がないか?既得権としての店主の継承ではなく「遺すべき価値と仕組み」を明らかにしていきます。

最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page