検索
  • admin

Beyond コロナ文Beyond コロナ3

(仮説)次世代の都心オフィス

超成熟社会/働き方改革/デジタルシフト。。。

これまで進行してきたオフィスをめぐる社会動向が、コロナショックに伴う価値転換(移動価値/一斉価値/集積価値)によって一気に変革加速されました。

Beyond コロナ時代にはツイッターやGMO などの新興企業だけでなく、日立、富士通、大和証券などの既存大手企業もテレワークを継続する発表をしています。

通勤電車での密集を避けるためにも「出社は週2〜3日」という企業が増えるのは間違い無いでしょう。

在宅勤務が可能なワーカー数は首都圏で全体5割程度だと言われます。

その内の半数が入れ替わりで出社することを前提にすると、都心のオフィスニーズは2〜3割減少する計算になります。

実際は密になることを避けるためデスク間隔を開けたスペース計画をしていくので、減少率はそれ以下に抑えられると考えられますが、面積以上に「都心におけるオフィスの位置付けと構成」が変化すると考えます。

1:ミーテイングプレイス・オフィス

わざわざ出社するのは在宅でもできるデスクワークをする為ではなく、プロジェクトワークや会議目的がほとんどのはずです。

出社スタッフがオンライン会議をすることになり、一人で会議室を占領している事例も多いと聞きます。

都心オフィスは【ミーテングプレイス】になっていくのです。

従来6割近くを占めていた執務スペースと会議スペースの比率が逆転しそうです。

執務スペースも大部屋・デスクワーク対応中心からプロジェクトルーム対応中心へ変化しそうです。

会議時間を中心にその前後の準備やフォローワークをこなす「フォローワークスペース」や、場合によっては「せっかく対面の会議」をしたのだからその後の簡単な交流会の実施に対応した「ネットワーキングスペース」など、それこそ「ミニMICE 」のような機能・構成が求められるのではないでしょうか。

2:洗練されたオンライン配信環境

それそれの会議ではオンライン対応が求められるようになります。

自粛期間中の経験でオンライン会議とリアル会議とのテンポや関係性の違いが実感されたと思います。

都心のオフィスにはWi-fi などの通信環境はもちろんのこと、洗練されたオンライン対応を実現する為、照明や音響を始めテロップや効果音などスタジオ的な設備、演出、サービスが求められるようになると考えます。

オンライン開始前にはメーキャップが効果を見せるようになるかもしれません。

3:新しい BCP基準

企業のBCP つまり事業継続計画は従来の「防災」中心の対応に加えて、「防疫」対応が必要になると考えます。

検温、消毒などの運営面にだけでなく外気との換気機能を重視し、健康と快適性に焦点を当てた環境指標である「WELL 認証」を備えていることが、オフィス選定の標準となっていく可能性があると考えます。

最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務