top of page
検索
  • 執筆者の写真松岡 一久

ひと・まち・くらしのアップデート④

更新日:2019年6月14日

アップデートの対応要因の最後は「超成熟市場」です。

家には一通りのモノが揃い、便利なネット通販が充実した現代社会の中で、「ワザワザ街なかのお店に出かける意味」が問われているのです。

実際に若年層の外出度が低下してきたというデータと共に、ネット通販の年間売り上げは20兆円(全国の百貨店売り上げの約3倍)に届こうとしています。

中国ではアリババによるオムニショップの「フーマー・フレッシュ」が通常店舗の3,5倍売場効率をあげて注目され、経産省でもリアルとネットが融合した消費体験に関して「消費インテリジェンス研究会」を立ち上げています。

快適・便利という機能価値、情報価値に加えて、共創プロセスやファン思考に基づく「共感価値」が必要になってきているのではないでしょうか?

これからの開発スタンスはリアルとネットとの連携を前提に「誰が、何の為につくった店、街なのか?」に対する想いを明確にし、発信し続ける必要があるのです。

これまでが派手なセールスプロモーションで集客販売する「恋愛型」の開発運営であったのに対し、これからは誠実に末長く信頼を築いていく「結婚型へとアップデート」した開発運営が求めらるのだと実感しています。

最新記事

すべて表示

シェアオフィスとは シン・シェアオフィス ②

【内容】 シェアオフィスの定義 シェアオフィスの主な種類 米国WeWork破綻の教訓 1.シェアオフィスの定義 シェアオフィスとは、一つのオフィスフロアを、複数の事業者が共同で利用するオフィスのことを指します。 レンタルオフィス、サービスオフィス、コワーキングオフィス、サテライトオフィスなど様々な呼称があります。 アクセスの良い都心の立地が多く、広々としたフロアを複数の事業者で共有しています。 会

今なぜ シェアオフィスを考えるのか? シン・シェアオフィス ①

【内容】 自宅でも企業オフィスでもない仕事場の必要性 サードワークプレイス市場 シェアオフィスの可能性 1.自宅でも企業オフィスでもない仕事場の必要性 コロナ禍で普及したテレワークですが、空間面・設備面の課題から、自宅のワーキング環境では十分な生産性の確保が難しいと、実感した人も多いと思います。 とは言え、週に2〜3日の出社とテレワークとを併用する、「ハイブリッド勤務」の快適性を実感してしまったワ

駅と鉄道会社の未来 シン駅3.0 ⑩

【内容】 1. 顧客接点のさらなる活用 2. ライフスタイルの共創 3. 「共創」から「競創」へ 1.顧客接点のさらなる活用 セブンイレブンジャパンの2022年年間売り上げは約5.1兆円で、その60%をオリジナル商品が占めると言われます。 同社では、1日1300万人の顧客(POS)データを元に、単品・個店・客層別の情報を、サプライヤーとも即時共有し、商品開発や製造計画、在庫管理や受発注に活用されて

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page