top of page
検索
  • 松岡 一久

ひと・まち・くらしのアップデート④

更新日:2019年6月14日

アップデートの対応要因の最後は「超成熟市場」です。

家には一通りのモノが揃い、便利なネット通販が充実した現代社会の中で、「ワザワザ街なかのお店に出かける意味」が問われているのです。

実際に若年層の外出度が低下してきたというデータと共に、ネット通販の年間売り上げは20兆円(全国の百貨店売り上げの約3倍)に届こうとしています。

中国ではアリババによるオムニショップの「フーマー・フレッシュ」が通常店舗の3,5倍売場効率をあげて注目され、経産省でもリアルとネットが融合した消費体験に関して「消費インテリジェンス研究会」を立ち上げています。

快適・便利という機能価値、情報価値に加えて、共創プロセスやファン思考に基づく「共感価値」が必要になってきているのではないでしょうか?

これからの開発スタンスはリアルとネットとの連携を前提に「誰が、何の為につくった店、街なのか?」に対する想いを明確にし、発信し続ける必要があるのです。

これまでが派手なセールスプロモーションで集客販売する「恋愛型」の開発運営であったのに対し、これからは誠実に末長く信頼を築いていく「結婚型へとアップデート」した開発運営が求めらるのだと実感しています。

最新記事

すべて表示

【内容】 ヨガの可能性 遊んで仕事もできるヨガスタジオ ヨガ・ライフへの展開 1.ヨガの可能性 身体性を拡張するためのもう一つの都市施設が「ヨガ・プラス」の提案です。 東洋哲学としての仏教は、身体性実践主義として体系化されているのですが、現代の日本においては、どうしても「宗教=怪しさ」が付き纏い敬遠されてしまいます。 マインドフルネスが持て囃されたのも、禅的要素から、宗教色を削ぎ落としたからではな

【内容】 身体性が失われる都市環境 「身体ルネサンス」スタイルの重要性 「身体ルネサンス」ための生活プラットフォーム 1.身体性が失われる都市環境 これまでの論点を整理すると以下の5点になります。 都市の「脳化社会」化と、無思考社会の弊害 「身体性」を生かした「実践・知覚・学習」こそが、AIとの差異。 身体性の再生には、東洋的な身体性実践主義の見直しが有効 五感、特に触覚的な質感を失った現代都市

【内容】 欧米で拡大する亜―バンファーミング アーバンファーミングの作り方 アーバンファーミングの効用 1.欧米で拡大するアーバンファーミング 身体性を拡張する施設として提案するのが「アーバンファーム」です。 ビルの屋上やベランダを活用した農園なのですが、大都市でも3階以上になると排気ガスの影響も少ないといわれ、パリやニューヨークなど世界の都市で増加中です。 特にパリでは、将来的には100ヘクター

bottom of page