検索
  • 松岡 一久

超福祉2.0

昨日、私たちのNPO法人で開催した第2回「超福祉展2015」のスタッフでの打ち上げを行いました。


昨年11月に渋谷ヒカリエで3万人あまりの来場者を迎え盛況に開催できた展覧会でしたが、イベントの熱気も冷めて冷静になって次ステップを模索する対話がいろいろと交わされました。

もう来場者数を積み上げるのではなく、渋谷の街に、あるいは渋谷を舞台にして社会にどのようなインパクトを与えることができるのか?当事者だけでなく様々なセクターの個人や団体に関わり合えるキッカケを提供できるのか?を真剣に検討する時期に来ているという認識です。

さいわい渋谷の街の関係者とも連携でき、今年の11月の第3回はヒカリエ以外にも歩行者天国などを念頭に様々な展開ができそうです。

渋谷の街を舞台に「超福祉コンセプト」で、多彩なショーやゲームなどをプロジェクト化していこうと思います。リオ五輪の開催直後に実施する「超福祉2016」は2020年東京パラリンピックに向けたスタート合図にしていきたいと思います。

「超福祉展」から「超福祉プロジェクト」へ 超福祉2.0の始動です。


最新記事

すべて表示

次世代の都市評価指標⑦ 多様・変化・交流要素の重視

「世界の都市総合力ランキング」は成長・規模志向が強く成熟社会である日本の肌感に合いません。 Well Being City調査は安全・快適・環境を重視していますが、それだけでは街として「つまらない」と感じるのは私だけでは無いはずです。脳科学的には「生きる目的は高きに向かって進んでいく努力のプロセス=成長にある」(理化学研究所 故 松本元氏)と言われ、インプットやコミュニケーションの質が大きく影

次世代の都市評価指標⑥ ソフト・ハード指標の考え方

次世代の都市評価指標において、幸せ実感を継続・拡張する要素となる「活動・ソフト」と「機能・ハード」については、既存の都市評価指標を参考に設定することが有効と考えます。 最も有名な「世界の都市の総合力ランキング」ですが、「都市の総合力」を経済/研究・開発/文化・交流/居住 /環境/交通・アクセスの大項目6分野で評価しています。「文化・交流」分野における中項目では発信力/観光資源/文化施設/受入環境/

次世代の都市評価指標⑤ 5つの基本方針

私たち FIACS ではディベロッパーを中心とした民間の街づくり推進者が、積極的にコミットできる評価指標にするため、以下の5点を基本方針として設定します。 都市評価の対象を街単位とします。具体的には民間事業者が「自分ごと化」出来る様に、エリアマネジメントの範囲に準じた設定が現実的だと考えます。 リアル都市の価値は「多様な刺激(前向き刺激)」にあると考え、都市評価の最重要指標をエリア・ユーザーの「幸