top of page
検索
  • 執筆者の写真松岡 一久

超福祉展:グッドデザインベスト100受賞

更新日:2018年2月5日

超福祉展が2016年度のグッドデザイン賞ベスト100に選出されました。


今年で第3回目、これまでの2回の実績で認めていただけたということは嬉しい反面、非常に驚きでした。

2020へ向けた時代の潮流かもしれませんが、毎年共催いただいている渋谷区はもちろん東急電鉄、東急不動産、渋谷ヒカリエをはじめとした協力企業の皆さん、そして超福祉のコンセプトである「心のバリアフリー」をヤバい、イカした表現で発信してくれているクリエイティブチームのおかげだと本当に感謝しております。

今年はさらにパワーアップして「コンセプト展示はtakramデザインの緒方さん」そして「コンセプトシンポジウムはタイムアウト東京の伏谷さん」にお願いして、これまでにも増して多彩な展示とゲストとを揃えて開催します。

さらにTOTOをスポンサーに「LGBTも含めた公共トイレについてのアイディアコンペ」も実施しています。

2020年に向けてダイバーシティ・シブヤシティをどんどんアピールしていきたい私たちにとってこの上ない応援になりました。


最新記事

すべて表示

実現性と未来 健康経営ビル ⑥

【内容】 事業構造イメージ 街への広がり 健康経営ビルディングの未来 1.事業構造イメージ 健康経営支援施設(ヘルスケア・シェアオフィス)を運営するための収益イメージとして、下記のエビデンスを活用します。 テナント専用面積の25%超が、会議・リフレッシュスペースで占められ、増加傾向にある、(コクヨ) 6−14人の会議スペースの平均稼働率は約30―60%で、20人を超える大会議室の稼働率は、稼働率2

基本イメージ 健康経営ビル ⑤

【内容】 基本方針 「ウエルネス・シェアオフィス」イメージ 1.基本方針 健康経営ビルディングは、ビルオーナーや不動産ディベロッパーが対象になります。 「各オフィステナントが、専用部内で個別に確保する必要のある健康経営関連スペース(の一部)を、ビル側が共用施設として低層部に集約することによって、合理化すると共に、健康経営の下支えすることで、ビル全体の価値向上を図る」と言うものです。 健康経営の評価

研究会での知見 経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page