検索
  • 松岡 一久

次世代の沿線価値向上方策①

最近、鉄道会社関連の都市開発の相談を受けることが多いのですが、よく「遠征価値を向上させたい」という言葉を聞きます。

高度成長期に阪急電鉄が実践した「郊外住宅開発&鉄道開設」による市場創造手法でしたら非常にわかりやすいのですが、成熟社会の中で既に都市化されてしまった沿線の価値を更に向上させることは非常に難しいというのが実感です。

いろいろ検討する中で浮かび上がってきたのは、「プレイヤー」の移住或いは二拠点居住への対応でした。

従来の郊外拠点駅あるいは地方拠点駅は首都圏ターミナルのサブシステムとして、商業施設を中心に開発し「周辺の住民を市場」として成立させてきました。

この手法の継続が困難になってきたことを踏まえ、郊外拠点あるいは地方拠点の「遊び」「学び」「暮らし」に魅力を感じる達人及び達人候補生をプレイヤーとして優遇・招致し、その人たちの活動を魅力として集客し交流人口増大を図っていこうというものです。

巨大な首都圏を市場に従来とは逆向きのベクトルで地元の活性化を図るのです。

ネットワーク力を持つ鉄道会社だからこそできる開発手法だと思います。


最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務