検索
  • 松岡 一久

地方創生の鍵は東京にあり

昨日、大手戦略コンサルティング会社の知人と食事しました。


どちらかというとドライな社風の中で「都市イノベーション」という部門をウェットに進めている人です。

複数の地方創生プロジェクトの案件を手がける敏腕コンサルテントの彼が、地方を再生する道筋としての「継続的なエコシステム(経済循環)」を考える時「その街単独では限界があるのではないか?」を感じているそうです。

なんらかの形で「他のエリア」との連携、もっと具体的には東京との連携が必要ではないかということです。

別に東京からのマス観光集客に依存するというだけではなく、誤解を恐れずに言うと「東京の魅力を拡張するサテライトとしての地方都市としてのあり方」を考えるということではないかと思います。

例えば自転車であれば従来のようにわが街主催で自転車競技大会を開催して集客するというよりも、東京の特定のサイクルコミュニティ及びそれをサポートするサイクルメーカーと連携して「わが街&東京でのタイアップサイクルイベント」に仕立てて「テーマコミュニティの交流人口を増やす」という考え方です。

ですから、「ミニ東京的」な街づくりではなく、東京のテーマコミュニテイとの連携を念頭にその街の個性を際立たせていく施策が必要になります。

その点で最近話題になっている「車で走りにくく手間を楽しませよう」とする京都の施策などは好例だと思います。

京都では外資系ホテルが寺院の塔頭を「ハナレ」的に活用する例もでてきているようです。

さらに一つの街だけでは魅力(訴求力)が弱い時には近隣の街との連携による魅力強化も有効になっていくのではないでしょうか?

これまで「まちづくり」というと「わが街の自画自賛&自前完結主義」だったことから脱却する「マーケット感覚」が必要だということです。

年初めから非常に気づきの多い会食であり、彼が手がける案件に期待できるなと実感した会食でした。


最新記事

すべて表示

次世代の都市評価指標⑧ 街づくりの貢献価値

新しい都市評価指標が目指す効果として①生産性向上による事業者メリット②口コミ発信による商業者メリットがある事は前述しましたが、さらに③ソーシャルキャピタルの向上による社会メリットが想定されます。 具体例として下記の6点が挙げられます。 契約や交渉などにおいて無駄な認識共有や対立が回避され、時間・手間コストが削減できる。 相互に協力的なコミュニティが育まれ、公共サービスなど公共活動の効率化と公共空間

次世代の都市評価指標⑦ 多様・変化・交流要素の重視

「世界の都市総合力ランキング」は成長・規模志向が強く成熟社会である日本の肌感に合いません。 Well Being City調査は安全・快適・環境を重視していますが、それだけでは街として「つまらない」と感じるのは私だけでは無いはずです。脳科学的には「生きる目的は高きに向かって進んでいく努力のプロセス=成長にある」(理化学研究所 故 松本元氏)と言われ、インプットやコミュニケーションの質が大きく影

次世代の都市評価指標⑥ ソフト・ハード指標の考え方

次世代の都市評価指標において、幸せ実感を継続・拡張する要素となる「活動・ソフト」と「機能・ハード」については、既存の都市評価指標を参考に設定することが有効と考えます。 最も有名な「世界の都市の総合力ランキング」ですが、「都市の総合力」を経済/研究・開発/文化・交流/居住 /環境/交通・アクセスの大項目6分野で評価しています。「文化・交流」分野における中項目では発信力/観光資源/文化施設/受入環境/