top of page
検索
  • 執筆者の写真松岡 一久

国際文化都市整備機構(FIACS)スタート

更新日:2018年2月5日

一昨日、一般社団法人「国際文化都市整備機構(FIACS)」の設立記念フォーラムを開催しました。


一年近く準備してできた「次世代の都市開発モデルを協議、提言、実践する団体」です。

「グレーター東京」思考と「ソフト&ハードインフラ」思考とをコンセプトに活動していきます。

理事メンバーに水野誠一氏、増田宗昭氏はじめ実業界関係者、エキスパートメンバーに中村伊知哉先生、保井美樹先生、井口典夫先生などの学識者に名を連ねていただき、大手ディベロッパーやゼネコン、設計事務所などの建設系企業と通信、メディア、コンテンツなどのソフト系企業 約30社に参加頂けました。

皆さんこれからの都市開発にはハードの整備と同様に特区対応施設等の仕組み作りやエリアマネジメント・知財・ブランディングなどのソフトインフラ整備を進めていく必要があると認識されています。

水野理事長の言葉で言う「これまでの文明志向の都市開発から文化志向の都市開発にパラダイムシフトしていくべき時代」という事です。

このような考え方での都市開発プロセスを検討すると共に、様々な具体的プロジェクトを提案していきたいと思います。

これだけのメンバーが集えば「アイディアだけでなく実現まで可能」という事を実感させるフォーラムでした。


最新記事

すべて表示

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

方策2 世界観による体験アップデート シン文化観光 ⑧

【内容】 文化観光の「テーマ」づくり 「場所×〇〇」で世界観づくり 街メガネとしてのアート設置 1.文化観光の「テーマ」づくり 街を観光するといっても、よほどの観光名所でもない限り、ただ歩くだけでは直ぐに飽きてしまいます。 簡単にできる文化観光の「工夫」として、「テーマ」づくりが考えられます。 街歩きの楽しみ方に「色コレクション」があります。例えば、「街の中で赤色のアイテムをコレクションしてみる」

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page