検索
  • 松岡 一久

国際文化都市整備機構(略称:FIACS)設立へ向けて

更新日:2018年2月5日

先日、4月に設立する一般社団法人「国際文化都市整備機構(英略称:FIACS)」の理事予定者を中心に会合をしました。


弊社で行ってきた街づくり研究会を発展的に展開し私が事務局を務め、青学大の井口先生に支援いただきながら「次世代の街づくりに関する研究・提言・推進」を行う団体で、理事長をお願いしている水野誠一氏(元西武百貨店社長)をはじめ様々な要職の方々に集まっていただき、設立に向けた経緯と考え方などを説明し、ご意見をいただきました。

この方々に加えデジタルコンテンツ分野で中村伊知哉先生、エリアマネジメント分野の保井美樹先生、他に玉置泰紀氏、芹沢高志氏、上田壮一氏などのアドバイザリーボードと共に、「グレーター東京思考」&「建設×️コンテンツ思考」により、次世代の都市開発、街づくりプロジェクトを仕組んでいきます。

建設関係事業者とコンテンツ・メーカーなどの非建設事業者など30社程度に参加いただき6月からの本格始動に向けて準備を進めています。

これらの体制で協議、提言していくことで、都市再生特区関連事業やPPP事業、地域連携志向の街づくりなどの様々なプロジェクトに対応していけると考えています。

「国際文化都市整備」の名前に恥じない活動を展開していかなくてはならないという想いを確認した会合でした。


最新記事

すべて表示

次世代の都市評価指標⑧ 街づくりの貢献価値

新しい都市評価指標が目指す効果として①生産性向上による事業者メリット②口コミ発信による商業者メリットがある事は前述しましたが、さらに③ソーシャルキャピタルの向上による社会メリットが想定されます。 具体例として下記の6点が挙げられます。 契約や交渉などにおいて無駄な認識共有や対立が回避され、時間・手間コストが削減できる。 相互に協力的なコミュニティが育まれ、公共サービスなど公共活動の効率化と公共空間

次世代の都市評価指標⑦ 多様・変化・交流要素の重視

「世界の都市総合力ランキング」は成長・規模志向が強く成熟社会である日本の肌感に合いません。 Well Being City調査は安全・快適・環境を重視していますが、それだけでは街として「つまらない」と感じるのは私だけでは無いはずです。脳科学的には「生きる目的は高きに向かって進んでいく努力のプロセス=成長にある」(理化学研究所 故 松本元氏)と言われ、インプットやコミュニケーションの質が大きく影

次世代の都市評価指標⑥ ソフト・ハード指標の考え方

次世代の都市評価指標において、幸せ実感を継続・拡張する要素となる「活動・ソフト」と「機能・ハード」については、既存の都市評価指標を参考に設定することが有効と考えます。 最も有名な「世界の都市の総合力ランキング」ですが、「都市の総合力」を経済/研究・開発/文化・交流/居住 /環境/交通・アクセスの大項目6分野で評価しています。「文化・交流」分野における中項目では発信力/観光資源/文化施設/受入環境/