検索
  • 松岡 一久

FIACSのめざすもの②

更新日:2018年2月5日

FIACSでめざす「超成熟社会ニッポンにおいて真に国際競争拠点となる都市づくり」を具体化するために、「本当の優位性」を検討します。

それ無しにビジネスコンシェルジェや外国人向けの託児施設の整備などでは、市場としては縮退する環境下で国際競争力が強化できるとは思えないからです。

まず第一に「課題先進解決力」が挙げられます。

2020年には中国の60歳以上人口も2.5億人を超えると想定されるように、全ての国が直面する高齢化、人手不足、エネルギー、需要不足などの課題のフロントランナーと位置付けられます。

第二に「独自進化力」があります。

世界一厳しい消費者視点と様々な工夫と創作を楽しむマニア体質とを併せ持つ日本の生活者に磨き上げられ、ラーメン、デニム、ケータイゲームなど様々な分野で独自進化させる生活者コミュニティがあります。

最後に「オルタナティブ力」です。

以前もブログしましたが、バリバリのグローバル競争のステージとなるアメリカとは異なり、四季の風景・食事・安心・アニメなどのカルチャーほかの楽しみも含めた「日本好き」を活動拠点として選ばれることがあると思います。

これらの優位性を元にコンテンツ・モノ作り(ロボット含む)・健康医療・学び・観光ホスピタリティなどのテーマで「プレイヤー(事業者)とサポーター(生活者)とが共創できるような仕組み」が出来れば他では真似できない国際競争拠点になるとかんがえています。

具体化へ向けての課題と方向性などについては次回検討します。


最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務