top of page
検索
  • 執筆者の写真松岡 一久

「混ざってアソベル」商店街イベント 

更新日:2018年2月5日

昨日、神宮前二丁目商店街で「第五回ピープルデザイン・ストリート」を開催しました。


5回目ということで結構慣れてきたのか、細かな準備不足はありましたが大きなトラブルもなく催行することができました。

心配された天候もなんとか保ってくれて、大変な賑わいでした。

回を重ねるごとに人手が多くなるのはもちろんですが、それ以上に特筆すべきは出し物のバリエーションの豊富さだと思いました。

商店街の食べ物屋台も増えたし、マグロの解体ショーやブラインドサッカーや各種モビリティの体験会などに加えて、青空マージャン、落書き大会の他、50m走トライアルやプロ選手も参加したバスケットボール・デモやカスタムハーレーの展覧会まで有って、そこにスターウォーズのコスプレチームやつば九郎くんまで混ざってくれました。

いろいろな人たちが混ざって遊べる滞留時間の非常に長いイベントに成長していました。単に屋台で食べて、ステージイベントを観るだけのイベントではなく、子どももお年寄り「混ざってアソベル」イベントになってきた事が本当に素敵でした。


最新記事

すべて表示

シェアオフィスのメリット・デメリット シンシェアオフィス ④

【内容】 シェアオフィスの特徴 シェアオフィスのメリット シェアオフィスのデメリット 1.シェアオフィスの特徴 シェアオフィスとは、オフィスフロアを複数の事業者で利用できるオフィスであると定義されます。 その特徴は、戸建て住宅と集合住宅との比較で考えるとわかりやすいと思います。 自分で住宅を建てるのであれば、自由に設計・利用できる反面、大きな出費になりコストバランスを考えると郊外に場所を求めざるを

オフィスの歴史とシェアオフィス シンシェアオフィス ③

【内容】 オフィスの量的拡大 オフィスワークの質的変化 テレワークの定着とシェアオフィスの有効性 1.オフィスの量的拡大 戦後日本の産業構造は経済成長とともに、第一次産業から第二次産業、そして第三次産業へとシフトしてきました。 産業構造のシフトに加えて、都心部の産業集積、地方からの人口流入や女性の社会進出などが相まって、オフィスワーカーは増加の一途を辿ってきました。 そしてその受け皿としてのオフィ

シェアオフィスとは シン・シェアオフィス ②

【内容】 シェアオフィスの定義 シェアオフィスの主な種類 米国WeWork破綻の教訓 1.シェアオフィスの定義 シェアオフィスとは、一つのオフィスフロアを、複数の事業者が共同で利用するオフィスのことを指します。 レンタルオフィス、サービスオフィス、コワーキングオフィス、サテライトオフィスなど様々な呼称があります。 アクセスの良い都心の立地が多く、広々としたフロアを複数の事業者で共有しています。 会

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page