top of page
検索
  • 松岡 一久

「混ざってアソベル」商店街イベント 

更新日:2018年2月5日

昨日、神宮前二丁目商店街で「第五回ピープルデザイン・ストリート」を開催しました。


5回目ということで結構慣れてきたのか、細かな準備不足はありましたが大きなトラブルもなく催行することができました。

心配された天候もなんとか保ってくれて、大変な賑わいでした。

回を重ねるごとに人手が多くなるのはもちろんですが、それ以上に特筆すべきは出し物のバリエーションの豊富さだと思いました。

商店街の食べ物屋台も増えたし、マグロの解体ショーやブラインドサッカーや各種モビリティの体験会などに加えて、青空マージャン、落書き大会の他、50m走トライアルやプロ選手も参加したバスケットボール・デモやカスタムハーレーの展覧会まで有って、そこにスターウォーズのコスプレチームやつば九郎くんまで混ざってくれました。

いろいろな人たちが混ざって遊べる滞留時間の非常に長いイベントに成長していました。単に屋台で食べて、ステージイベントを観るだけのイベントではなく、子どももお年寄り「混ざってアソベル」イベントになってきた事が本当に素敵でした。


最新記事

すべて表示

【内容】 ヨガの可能性 遊んで仕事もできるヨガスタジオ ヨガ・ライフへの展開 1.ヨガの可能性 身体性を拡張するためのもう一つの都市施設が「ヨガ・プラス」の提案です。 東洋哲学としての仏教は、身体性実践主義として体系化されているのですが、現代の日本においては、どうしても「宗教=怪しさ」が付き纏い敬遠されてしまいます。 マインドフルネスが持て囃されたのも、禅的要素から、宗教色を削ぎ落としたからではな

【内容】 身体性が失われる都市環境 「身体ルネサンス」スタイルの重要性 「身体ルネサンス」ための生活プラットフォーム 1.身体性が失われる都市環境 これまでの論点を整理すると以下の5点になります。 都市の「脳化社会」化と、無思考社会の弊害 「身体性」を生かした「実践・知覚・学習」こそが、AIとの差異。 身体性の再生には、東洋的な身体性実践主義の見直しが有効 五感、特に触覚的な質感を失った現代都市

【内容】 欧米で拡大する亜―バンファーミング アーバンファーミングの作り方 アーバンファーミングの効用 1.欧米で拡大するアーバンファーミング 身体性を拡張する施設として提案するのが「アーバンファーム」です。 ビルの屋上やベランダを活用した農園なのですが、大都市でも3階以上になると排気ガスの影響も少ないといわれ、パリやニューヨークなど世界の都市で増加中です。 特にパリでは、将来的には100ヘクター

bottom of page