検索
  • 松岡 一久

「街の仏壇?」を作れないか。

先日、建築家の押尾氏と対話していました。


押尾氏は隈研吾さんのオフィスで主に美術館設計など担当された後、独立して美術館や宗教施設などを手がけられてきました。

「見えない物語を紡ぎ出す」設計手法は非常に魅力的なのですが、特に私が興味を持ったのは、日本各地の永代供養納骨堂のプロジェクトでした。

全国のお寺が管理する先祖代々の「家族墓」が中々引き継がれていけない状況の中で、普及してきたのが個人契約の「永代供養墓」です。

誤解を恐れずに言うと「お墓の定期借家制度」のようなもので、都市近郊にいろいろと展開されているようです。

このようなお寺の構造改革と物質至上主義の都市開発への反省から、街中の仏壇的な施設ができないかと議論しました。

マンションなどで仏壇を置けない家庭も多い今日の都市における精神的な共用施設になります。

遠方のお墓詣りは難しいけれど、家の中に仏壇は置けないけれど、「街の仏壇」があれば日常生活の中でお参りしやすいし、子供の情操教育や地域コミュ二ティの核としても機能しそうです。もちろん気味悪がられるのではないか?宗派の違いをどうする?などいろいろな課題があると思いますが、検討の価値はありそうだと押尾さんと盛り上がったテーマでした。


最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ