検索
  • 松岡 一久

ピープルデザイン・プラザ@新宿タカシマヤ

先週、末に新宿タカシマヤの2階エントランス広場で「ピープルデザイン・プラザ」を開催しました。


タカシマヤさんの全面バックアップの上で公開空地である2階エントランス広場の「社会性&賑わい性」を両立させる活用例を示すという事で実施にこぎ着けたものです。

新宿タカシマヤのエントランス広場はバスタ新宿などにも接続している上に屋根付き広場になっているので、今後様々なイベント開催の可能性を感じさせる場所です。

最新モビリティ試乗会、アソビ基地、超人スポーツトライアル、ブラインドサッカー体験会&トークイベントなどのプログラムを展開しました。

午後になり回遊客などが増えてくると参加者も多くなり、広場のあちらこちらで笑い声などが響いていました。

当初想定していた「優しい賑わい風景」が広がり関係者も喜んでくれていました。

最初はプレイヤーと観客とを分離していたのですが、途中から分離帯をなくし「みんな混ざり合った状況」の方が楽しそうでした。

それにBGMやレイアウトなどまだまだ工夫の余地があると思いました。

「広場の真ん中にある階段が境界になって、今回の開催場所までなかなか人が回遊してくれないので、広場全体が賑わっている風景を作れて嬉しい」という副店長の感想を伺えてホッと胸をなでおろしました。

これから色々な場所に展開していけそうな実感をもてたイベントでした 。


最新記事

すべて表示

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内

私たちは、コンセプトの抽出にあたって、共創ワークが不可欠だと考えます。共創ワークとは、プログラムに沿った関係者とのグループディスカッションを指します。 共創ワークでコンセプトそのものは抽出できませんが、その前提となる「目指すべきゴール」「現状と事業条件」などの共有を通じて「課題」が明確になります。それに加えて「地域の潜在性・自分達の DNA」の再認識プロセスが非常に重要です。 これまでのように、マ