top of page
検索
  • 執筆者の写真松岡 一久

神宮前2丁目 ピープルデザイン・ストリート

更新日:2018年2月5日

昨日、いろいろお世話になっている神宮前2丁目の商店街の「ホコ天イベント」が開催されました。


ウチのNPO法人は企画協力という形でイベント全般に関わってきました。

単なる商店街活性化イベントと異なるのはダイバーシティな考え方で「障害の有る無し、年齢、国籍などの違いを超えて混ざって楽しむ」という視点でコンテンツが組まれ、商店街が参加する13の屋台に加えて、様々なバックグラウンドの人たちが出演するライブステージ、路上落書き会、青空マージャン、子どもワークショップ、ブラインドサッカーや電動車椅子の試乗会などが参加していることです。

ダイバーシティなコンセプトに共感してもらえる多彩なアーティスト、団体、企業に参加していただけます。

以前から感じている「地域コミュ二ティだけでは活性化に限界がある。地域×️テーマコミュニティ化することで外部との多彩な参画接点が生まれ、活動が広がる」という事の好例だと思います。

お陰さまでお天気にも恵まれ、3,000人を超える人たちで賑わいました。

一番印象的だったのは2時30分からの「落書き消し」で、それまでアーティストと一緒に道いっぱいにチョークで書いていた落書きを30本あまりのデッキブラシで子ども達がキャッキャッ言いながらゴシゴシ消していくのです。

なかなかできない体験なようです。「みんなでやってみると、とっても楽しい」という事ですね。次回10月10日がどんな展開になるのか本当に楽しみです。


最新記事

すべて表示

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

方策2 世界観による体験アップデート シン文化観光 ⑧

【内容】 文化観光の「テーマ」づくり 「場所×〇〇」で世界観づくり 街メガネとしてのアート設置 1.文化観光の「テーマ」づくり 街を観光するといっても、よほどの観光名所でもない限り、ただ歩くだけでは直ぐに飽きてしまいます。 簡単にできる文化観光の「工夫」として、「テーマ」づくりが考えられます。 街歩きの楽しみ方に「色コレクション」があります。例えば、「街の中で赤色のアイテムをコレクションしてみる」

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page