検索
  • 松岡 一久

神宮前2丁目 ピープルデザイン・ストリート

更新日:2018年2月5日

昨日、いろいろお世話になっている神宮前2丁目の商店街の「ホコ天イベント」が開催されました。


ウチのNPO法人は企画協力という形でイベント全般に関わってきました。

単なる商店街活性化イベントと異なるのはダイバーシティな考え方で「障害の有る無し、年齢、国籍などの違いを超えて混ざって楽しむ」という視点でコンテンツが組まれ、商店街が参加する13の屋台に加えて、様々なバックグラウンドの人たちが出演するライブステージ、路上落書き会、青空マージャン、子どもワークショップ、ブラインドサッカーや電動車椅子の試乗会などが参加していることです。

ダイバーシティなコンセプトに共感してもらえる多彩なアーティスト、団体、企業に参加していただけます。

以前から感じている「地域コミュ二ティだけでは活性化に限界がある。地域×️テーマコミュニティ化することで外部との多彩な参画接点が生まれ、活動が広がる」という事の好例だと思います。

お陰さまでお天気にも恵まれ、3,000人を超える人たちで賑わいました。

一番印象的だったのは2時30分からの「落書き消し」で、それまでアーティストと一緒に道いっぱいにチョークで書いていた落書きを30本あまりのデッキブラシで子ども達がキャッキャッ言いながらゴシゴシ消していくのです。

なかなかできない体験なようです。「みんなでやってみると、とっても楽しい」という事ですね。次回10月10日がどんな展開になるのか本当に楽しみです。


最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内