top of page
検索
  • 執筆者の写真松岡 一久

たましん 価値創造事業部

多摩信用金庫(たましん)価値創造事業部を率いている長島部長とお話してきました。


UR都市機構の人達が創業支援についてのヒヤリングをしたいとのことだったのでご紹介したのです。預金総額2兆円程度のたましんは地銀の規模を持ち、多摩エリアという成熟都市圏をテリトリーにする信用金庫で、年間1,000社創業を目標に創業支援プラットフォームを持っている全国有数のインキュベーション組織です。

多摩エリアに250社が入居する24の「創業支援施設」を運営し、年間500人の受講生を輩出する「創業カフェセミナー」と30を超える「創業支援機関」をネットワークすることで、ハードだけではない創業支援のプラットフォームに形成しています。

シニア起業や卒ママ起業、若者のスピンアウト起業などが利用層になっていますが、その多くが「地域課題解決型ビジネス」で地域活性化に一役買っており、創業支援施設卒業後も7割以上が地元に拠点を構えるということです。

これまでのような大規模複合都市開発とは一線を画す運営ノウハウを持ち、成熟社会におけるビジネス創造のモデル事業になるような展開をしています。

さらにあるエリアでは「大学」を中核に次世代の教育ベンチャーを集めていくなどの個性ある産業クラスターを構想しているといいます。

完全にまちづくり会社ですね。

「どうして手間のかかる創業支援を手がけていくのか?」という質問に対して「自分たちは都市銀行と顧客も棲み分けないといけないし、利息などの体力勝負も避けるべきと認識しているので、価値創造していくしかないのだ」という潔い解答に感銘を受けました。


最新記事

すべて表示

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

方策2 世界観による体験アップデート シン文化観光 ⑧

【内容】 文化観光の「テーマ」づくり 「場所×〇〇」で世界観づくり 街メガネとしてのアート設置 1.文化観光の「テーマ」づくり 街を観光するといっても、よほどの観光名所でもない限り、ただ歩くだけでは直ぐに飽きてしまいます。 簡単にできる文化観光の「工夫」として、「テーマ」づくりが考えられます。 街歩きの楽しみ方に「色コレクション」があります。例えば、「街の中で赤色のアイテムをコレクションしてみる」

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page