top of page
検索
  • 執筆者の写真松岡 一久

TOWNINGビジネス

私たちの会社の事業領域が本当に定義しにくくなっています。

もちろん設計事務所ではないし、商業コンサルでもない。

敢えて言えば建築・都市計画コンサルの領域かもしれないけれど、もっとビジネス寄りの思考だけれど、かといってビジネス戦略コンサルでもない。

「図面は書かないけれどクライアントが都市づくり事業を円滑に進めるために、開発理念×コンテンツ計画×地域連携・コミュニケーション計画を策定する仕事」なのです。

大抵の依頼スタンスは「どのような開発コンセプトにすれば良いのか?」というもので与件が無い場合が殆どです。

そんな自分たちのポジションを考える時「都市開発」という鳥瞰&ハード視点には違和感がありますし、それ以上に「まちづくり」という住民主体&人づくり至上主義的な活動と同じ領域にされることに非常に抵抗があります。

そんな中で浮かび上がってきたのが「 TOWN-ING」というキイワードです。

以前エリアマネジメントを検討していて法政大学の保井先生とお話しした「個人−法人−【街人】と同じで、一定エリアを一つの活動体と見なしてその価値最大化へ向けてマネジメント(経営)していく為のプランニングです。

その活動主体はビル大家としての企業単独ではなく、構成員としてのテナントや周辺パートナーとの相対になります。

ですから資本主義社会における「経済価値」とコミュニテイ社会における「関係価値」とを車の両輪として計画していく必要があるのだと思います。

新しい都市活動体が少しずつ顕在化してきているではないでしょうか?


最新記事

すべて表示

シェアオフィスのメリット・デメリット シンシェアオフィス ④

【内容】 シェアオフィスの特徴 シェアオフィスのメリット シェアオフィスのデメリット 1.シェアオフィスの特徴 シェアオフィスとは、オフィスフロアを複数の事業者で利用できるオフィスであると定義されます。 その特徴は、戸建て住宅と集合住宅との比較で考えるとわかりやすいと思います。 自分で住宅を建てるのであれば、自由に設計・利用できる反面、大きな出費になりコストバランスを考えると郊外に場所を求めざるを

オフィスの歴史とシェアオフィス シンシェアオフィス ③

【内容】 オフィスの量的拡大 オフィスワークの質的変化 テレワークの定着とシェアオフィスの有効性 1.オフィスの量的拡大 戦後日本の産業構造は経済成長とともに、第一次産業から第二次産業、そして第三次産業へとシフトしてきました。 産業構造のシフトに加えて、都心部の産業集積、地方からの人口流入や女性の社会進出などが相まって、オフィスワーカーは増加の一途を辿ってきました。 そしてその受け皿としてのオフィ

シェアオフィスとは シン・シェアオフィス ②

【内容】 シェアオフィスの定義 シェアオフィスの主な種類 米国WeWork破綻の教訓 1.シェアオフィスの定義 シェアオフィスとは、一つのオフィスフロアを、複数の事業者が共同で利用するオフィスのことを指します。 レンタルオフィス、サービスオフィス、コワーキングオフィス、サテライトオフィスなど様々な呼称があります。 アクセスの良い都心の立地が多く、広々としたフロアを複数の事業者で共有しています。 会

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page