検索
  • 松岡 一久

TOWNINGビジネス

私たちの会社の事業領域が本当に定義しにくくなっています。

もちろん設計事務所ではないし、商業コンサルでもない。

敢えて言えば建築・都市計画コンサルの領域かもしれないけれど、もっとビジネス寄りの思考だけれど、かといってビジネス戦略コンサルでもない。

「図面は書かないけれどクライアントが都市づくり事業を円滑に進めるために、開発理念×コンテンツ計画×地域連携・コミュニケーション計画を策定する仕事」なのです。

大抵の依頼スタンスは「どのような開発コンセプトにすれば良いのか?」というもので与件が無い場合が殆どです。

そんな自分たちのポジションを考える時「都市開発」という鳥瞰&ハード視点には違和感がありますし、それ以上に「まちづくり」という住民主体&人づくり至上主義的な活動と同じ領域にされることに非常に抵抗があります。

そんな中で浮かび上がってきたのが「 TOWN-ING」というキイワードです。

以前エリアマネジメントを検討していて法政大学の保井先生とお話しした「個人−法人−【街人】と同じで、一定エリアを一つの活動体と見なしてその価値最大化へ向けてマネジメント(経営)していく為のプランニングです。

その活動主体はビル大家としての企業単独ではなく、構成員としてのテナントや周辺パートナーとの相対になります。

ですから資本主義社会における「経済価値」とコミュニテイ社会における「関係価値」とを車の両輪として計画していく必要があるのだと思います。

新しい都市活動体が少しずつ顕在化してきているではないでしょうか?


最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務