検索
  • 松岡 一久

TOWNINGビジネス

私たちの会社の事業領域が本当に定義しにくくなっています。

もちろん設計事務所ではないし、商業コンサルでもない。

敢えて言えば建築・都市計画コンサルの領域かもしれないけれど、もっとビジネス寄りの思考だけれど、かといってビジネス戦略コンサルでもない。

「図面は書かないけれどクライアントが都市づくり事業を円滑に進めるために、開発理念×コンテンツ計画×地域連携・コミュニケーション計画を策定する仕事」なのです。

大抵の依頼スタンスは「どのような開発コンセプトにすれば良いのか?」というもので与件が無い場合が殆どです。

そんな自分たちのポジションを考える時「都市開発」という鳥瞰&ハード視点には違和感がありますし、それ以上に「まちづくり」という住民主体&人づくり至上主義的な活動と同じ領域にされることに非常に抵抗があります。

そんな中で浮かび上がってきたのが「 TOWN-ING」というキイワードです。

以前エリアマネジメントを検討していて法政大学の保井先生とお話しした「個人−法人−【街人】と同じで、一定エリアを一つの活動体と見なしてその価値最大化へ向けてマネジメント(経営)していく為のプランニングです。

その活動主体はビル大家としての企業単独ではなく、構成員としてのテナントや周辺パートナーとの相対になります。

ですから資本主義社会における「経済価値」とコミュニテイ社会における「関係価値」とを車の両輪として計画していく必要があるのだと思います。

新しい都市活動体が少しずつ顕在化してきているではないでしょうか?


最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内