検索
  • 松岡 一久

UR都市機構4.0

昨日、UR都市機構でお話しさせて貰う機会がありました。


こちらが用意したテーマは「都市開発4.0への対応」です。

都市開発分野ではとにかく建てれば良かった第一世代、マーケティングやリーシングの視点が必要になった第二世代、そしてバブル時代にはデザインや付加価値で訴求する第三世代、その後を担う「第四世代」にはどのような対応が必要かというテーマでした。

私が提示したのは「ファン・コミュニティを形成していくためのソフト・インフラ開発の必要性」という私の持論でした。

その内容もさることながら、具体的な検討をしていくプロセスとしていつも実施している「コ・クリエーションワーク」でディスカッションから出てきた「UR都市機構の強みと可能性」それを生かすための「UR都市機構4.0」のアイディアが興味深かったです。

都市から地方まで、様々の行政分野を横串でさせる立場、企画から開発、運営まで一気通貫する体制、これらの特性と長年の蓄積で得られたノウハウなどを使って「広範な領域の街づくり事業を連携させていく」組織体になれるのではないかというイメージが浮かび上がってきました。

もちろん推進には課題山積ですが、UR都市機構にしかできない役割だと実感しました。


最新記事

すべて表示

都市開発5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント ⑷ 次世代の都市評価指標づくり

ⅠBeyondコロナの都市評価指標の必要性 /Ⅱ 生活圏の幸福論 /Ⅲ 評価指標の考え方と効用 1Beyondコロナの都市評価指標の必要性 コロナショックを経てリアルな出社、会議、さらには「リアル都市の価値」が問われていると考えます。ダボス会議における「グレートリセット」の議論の象徴されるように、現代都市の基本原理である「集積による経済合理性」が根本的に見直されているからです。 現状の都市に関する

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくりヒント50 ⑶ソシオ・マーケットプレイス構想

Ⅰ 都心商業施設の次の一手/ Ⅱ 共創型マーケットプレイスの考え方/ Ⅲ ソシオマーケットプレイスの事業と効用 1 都心商業施設の次の一手 コロナショック以前から減衰傾向にあった都心商業施設の売り上げは、外出自粛や営業時間制限、そして何よりもテレワークの浸透に伴う通勤者の減少によって、大打撃を受けています。買い物行動では衝動買いが8割、滞留客は客単価4割アップという定説があり、都心商業施設は集客・

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント⑵ONLY ONEの都市魅力づくり

Ⅰ「選べる生活、選ばれる街」の時代へ/ Ⅱ (1/100)3乗戦略 / Ⅲ ONLY ONEの都市魅力づくり Ⅰ 「選べる生活、選ばれる街」の時代へ 世界中を混乱に陥れているコロナ禍ですが、密状態や接触回避の必要性からリモートワークの普及という副産物を提供しました。これまでは都心の会社の立地を中心とした「通勤利便主義」で住む家・街が検討されてきましたが、この通例が覆されようとしているのです。フルリ