検索
  • 松岡 一久

外部プレイヤーとの高架下・共創事業

先週、ある地方中核都市の高架下周辺街づくりに関するディスカッションを行いました。


「観光や集客の素材はあるのだけれど、駅から離れているし点在している」や「うまく編集して発信ができていない」「住んで体験してもらえればこの町の良さを実感してもらえると思う」などという意見が出てきました。

どの街でもよく聞く意見です。

そんな中で「高架下事業って時間が掛かるし、商業施設などの事業化には周辺環境との連携が必要」だという認識が出てきました。

たしかに高架下の開発は一気に進むわけではないのです。

そのような事業特性を生かして「高架下の未開発区間で首都圏アーティスト、デザイナー、カフェ事業者などプレイヤーと、地元の魅力発信をテーマに共創事業」してはどうでしょうか?地元の街・人・コトが高架下空間にアートとして描かれたり、地元の工芸を生かしたクラフトや、食材を生かしたカフェレストランなどを期間限定で展開していきます。

地元の観光イベント会場にもなると思います。

これらの展開によって地元の魅力発信拠点として定着・機能し、そこを起点に観光・集客が生まれると同時に、共創活動を通じて首都圏のプレイヤーたちが街に魅力と愛着を感じ、その街に本格拠点を持ってくれるかもしれません。

この期間限定の環境・イメージをベースにしてその後の商業、ホテル、スタジオ、オフィスなどの事業推進が円滑になる効果も期待できます。

色々と可能性が広がりを感じたディスカッションでした。


最新記事

すべて表示

Beyondコロナ9 コロナによる価値シフトの本質

都市が人類の最大多数の価値観を反映し、「幸福最大化のための最適社会システム」度とすると、今回のコロナショックにおける「3つの価値シフト」が前提条件になると考えます。 1:移動・交流価値のシフト テレワークの体験を経て「オンラインでも仕事がこなせる」という認識がレジェンド企業を含めて浸透しました。 その結果「移動に伴うストレスと無駄」が見直される契機になり、さらに「オンラインが基本で、リアル対面が特

Beyond コロナ8 コロナショックの正体

1.失われた30年? 工業化社会の優等生であった日本は1990年付近を頂点に平成の30年間、凋落し続けてきました。 「一人当たり GDPは9位から26位へ」「企業の時価評価額ベスト10は7社から0社へ」「IMD発表の国際競争力は1位から34位へ(これは香港、台湾、中国、韓国はもちろん27位のマレーシアや29位のタイよりも低い順位)」といった状況です。 もはや先進国という認識を改めるべきなのですが、

Beyond コロナ7 想定外の2020

一般社団法人国際文化都市整備機構(FIACS)では「ポスト2020の都市開発」をテーマに40社余りの企業及び学識者で共同研究を進めて参りました。 その「ポスト2020」の言葉が持つ意味がすっかり変わってしまいました。 当初想定していたのは「ポスト東京五輪」としてオリンピック景気後の「超成熟社会ニッポンにおける国際競争力とは何か?」であり、文化を軸にした都市開発のあり方を模索するつもりでした。 しか

©2018 ENERGY LABO ALLRIGHTS RESERVED.