WORKS

企業実績

あべのキューズタウン

回遊性に加えタウンinタウンの発想で建物を分節化し、街との連続性を高める
基本構想/基本設計

「abeno CUES TOWN」は、生活密着型の総合スーパーと広域集客型の大型専門店等の他、各種物販・飲食・サービス等のテナントを幅広く集積し、店舗数は西日本最大級となる約320店舗。
ゆとりある共用通路や低層におさえた施設構成により、回遊性の向上を図り、自然環境が感じられるオープンモールやパティオ、トップライトから光が溢れる吹き抜け空間、イベント広場を配置することにより、箱型・ビル型施設にはない魅力溢れる商業空間の創出を目指した。

事業概要

クライアント

東急不動産

プロジェクト名称

阿倍野プロジェクト(阿倍野A1地区第二種市街地再開発事業A2棟)

竣工後施設名称

abeno CUES TOWN(あべのキューズタウン)

所在地

大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6番1号

規模

鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造 地下2階地上6階建

延床面積

約180,000平米

敷地面積

約37,800平米

商業面積

約69,000平米

業務概要

基本構想、基本設計

着工

平成21年1月

開業

平成23年4月

©2018 ENERGY LABO ALLRIGHTS RESERVED.