WORKS

企業実績

あべのキューズタウン

来街されるお客様の「愛着と親しみ」や「居心地」を創出する空間デザイン
共用部デザインコラボレーション

「abeno CUES TOWN」内の共用部、パウダールーム、柱など合計6カ所を建築家、デザイナーやアーティストと共に、来街されるお客様の「愛着と親しみ」や「居心地」の受け皿となることを目指し、空間プロデュースを実施。
1階から3階のエスカレーター脇休憩スペースを活用し姉妹が住む家を表現した「3姉妹の部屋」、2階女性向けパウダールームを活用し現代美術家が手描きで絵を描き鏡が取り囲む「マンゲキョウの庭」、地下1階と1階の廊下の柱を活用しシェードランプに見立てた「トモダチの森」がある。

事業概要

クライアント

東急不動産

プロジェクト名称

阿倍野プロジェクト

竣工後施設名称

abeno CUES TOWN(あべのキューズタウン)

所在地

大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6番1号

規模

鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造 地下2階地上6階建

延床面積

約180,000平米

敷地面積

約37,800平米

商業面積

約69,000平米

業務概要

基本構想、基本設計

着工

平成21年1月

開業

平成23年4月

コラボレーション

パートナー

式会社トーンアンドマター、POINT株式会社、TAKAIYAMA inc.、intewarrior、Hd LAB Inc.、arataniurano、淺井裕介氏、no.d+a

©2018 ENERGY LABO ALLRIGHTS RESERVED.